「みんなでさがシール」で認知症徘徊者を早期発見(海田町 )

2016年10月23日

靴や杖に貼る「みんなでさがシール」

広島県安芸郡の海田町は認知症などが原因で徘徊している人を早期発見、早期保護するために「みんなでさがシール」を配布している。「みんなでさがシール」は光を反射するステッカーで、靴のかかと部分や杖に貼り、市民などがこのシールがある人が困っている場合、声をかけたり、町の長寿保険課へ連絡したりすることになる。

全国で増加する認知症患者の行方不明

警察庁によれば、2012年の認知症を原因とする全国の行方不明者は9,607人であったが、翌年には10,322人に、そして、昨年には12,208人にまで増加しており、この傾向はさらに続くと予想される。認知症による徘徊は、当事者の身の安全にも関わるものだけに、この問題は警察だけでなく、各自治体の対策も必要になっている。

「みんなでさがシール」5足分を配布

海田町では、希望者1人に対し「みんなでさがシール」5足分を無料配布。希望者は町役場1階にある長寿保健課にて申し込む。また、町民などに対してはパジャマ姿など、外出には不自然な服装の人を見かけたり、明らかに道がわからずに困っている高齢者などを見かけたりした場合、長寿保険課などへの連絡を求めている。

▼外部リンク
「みんなでさがシール」の配布について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る