認知症カフェ開設を助成~朝日新聞厚生文化事業団が募集中

2016年9月28日

「住み慣れた地域で暮らせる」支援の場を全国に

社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団(以下、事業団)では現在、「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」の募集を行っている。

この助成は、全国各地に認知症カフェが多く誕生することを願い、新しくカフェを立ち上げる団体、グループを事業団が資金面で応援するもの。

「認知症カフェ」の広がりが、認知症になっても住み慣れた地域で暮らせる、そんな社会の実現につながるよう、あなたの大切なまちに「認知症カフェ」を開設してください。
(同ホームページより)

と、認知症の人への理解、参加者の中からの早期発見、コミュニティーの再生・醸成といった様々な意義・目的を有する認知症カフェの活動に期待している。

運営の継続等が条件

助成の対象は、2017年2月から4月までに新規で認知症カフェを開設する予定がある団体で、開設後、運営できるだけの会場、スタッフが確保できること。3年以上運営の継続が見込めること、等。

助成金額は、総額で2000万円、1か所につき運営費に対し最大100万円まで。運営費にはその30%まで人件費を含むことができる。

募集の締め切りは、2016年10月7日(金)必着。応募書類を事業団のホームページからダウンロードするか、事業団にメール、電話、FAXなどで直接請求し、郵送で応募すること。

▼外部リンク
社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る