認知症最新ニュース

川島隆太教授監修の脳トレ本 「100日間パズル2」発売

2016年11月6日

脳を鍛える各種パズルを100問掲載

パズルを解いて脳を鍛える「新 脳が活性化する100日間パズル(2)」が発売されている。監修は東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授で、クロスワードやナンプレなどのパズルが100問収録されている。この新刊は学研プラスよりB5版、160ページ、842円(税込)の価格で発売中。



脳トレゲームソフトでもおなじみの川島隆太教授

1959年千葉県に生まれた川島氏は1985年に東北大学医学部を卒業、スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、そして、東北大学加齢医学研究所助手、講師を経て、2001年には教授になっている。

脳の活動を解明し、応用に生かす研究を行っている川島氏は脳に関する多数の著作があり、また、脳トレと脳年齢測定を行うことができる川島氏の名前を冠した携帯ゲーム機用ソフトは、シリーズ合計で約870万本以上が販売されたとされている。

川島氏が監修したこの新刊では、クロスワードやナンプレ、間違い探し、漢字ナンクロのほか、間違い探し、漢字ドリルを掲載、そして、巻頭カラーとじこみでは、「脳いきいき体操」を紹介、また、巻末のとじこみでは論語のなぞり書きシート6枚も付属している。


▼外部リンク
新 脳が活性化する100日間パズル(2)
▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  5. 5介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  7. 7医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
  8. 8【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  9. 9東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  10. 10連休中に読みたい!認知症関連書籍 新刊案内
このページの
上へ戻る