G7神戸宣言にて認知症への対策について盛り込まれる

2016年9月24日

G7保健相会合にて認知症研究や治療法について盛り込まれる

平成28年9月12日、G7保健相会合にて採択された神戸宣言内にて、認知症分野における早期発見や認知症を抱える人々のQOL改善に向け、研究等を行っていくとされた。

世界規模での高齢化の進展を受けて

現在日本に限らず世界的に人口の高齢化が進展しており、これに伴い様々な社会的問題が浮かび上がっている。

一方、認知症は発症リスクとして加齢によるものが含まれ、現にこの患者が増加したことまた根本的な治療法が未だ確立されていないことから、これに関する研究等の進展が望まれているのだ。

そこでこうした事柄を踏まえ、今回の神戸宣言では認知症における治療法の確立を促すと共に、認知症を抱える者と地域を結び彼らがこれを享受できるような活動を支援していく、この様なことが明記されたのである。

認知症の早期発見からその治療また彼らの介護に当たる人々への支援まで

今回、神戸宣言において認知症に関して盛り込まれた内容としては、これについての研究や治療開発の推進また早い段階での診断による早期支援の開始、そして彼らの介護に当たる人々への支援策や資源の導入等だ。

そして、これらの実施に関して協力していくとしている。

また、今回採択されたこれら行動計画は世界の各国において行われる施策の基本となると、見込まれているのだ。

▼外部リンク
G7神戸保健大臣会合


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る