「ペコロスの母に会いに行く」の作者によるエッセイ発売

2016年9月2日

認知症介護の本音を明かす

8月17日、漫画家の岡野雄一さんによるイラストエッセイ「ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう 介護げなげな話」が発売された。岡野さんは「ペコロスの母に会いに行く」で2013年日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しており、この新刊は認知症介護の本音が描かれたもので、作者初めてのイラストエッセイとなる。

ドラマ化・舞台化もされた「ペコロスの母に会いに行く」

1950年、長崎県長崎市生まれの岡野さんは高校卒業後、東京でデザインを学び、出版社に勤務、帰郷してからはタウン誌の編集長をするなどして、漫画家となっている。

認知症で入所しているグループホームの母と面会する著者が、その経験と自身の思いなどを漫画にした「ペコロスの母に会いに行く」は自費出版を経て全国発売、2013年にNHKBSプレミアムでドラマ化、今年7月には東国原英夫さん、藤田弓子さんら出演による舞台化も行われている。

この作品で描かれた岡野さんの母は2014年に他界しているが、新著「ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう」では、漫画では描ききれなかった著者の本音が描き下ろしの一コマ漫画風のイラストを交えて綴られている。 この新刊は160ページで、小学館より1,100円で発売されている。

▼外部リンク
ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る