太陽生命、国内初の『認知症予防アプリ』を顧客へ提供

2016年8月18日

スマホアプリ『認知症予防アプリ』提供で合意

T&D保険グループの太陽生命保険株式会社と株式会社InfoDeliverは8月8日、平成28年秋を目途として、認知症の予防をサポートするスマホアプリ『認知症予防アプリ』を「ひまわり認知症治療保険」等の加入者(被保険者)に提供することで合意したと発表した。

厚生労働省によると、認知症を患う人が2025年には700万人に達し、65歳以上のシニア層の約5人に1人が認知症になるとのこと。

また一方、歩行速度の低下と認知症・MCIの発症リスクに関連があることや、運動習慣等の生活改善が認知症のリスク低減につながることなどがわかってきたという。

医学的根拠に基づき歩行速度の変化を継続的に測定・通知

このアプリは、東京都健康長寿医療センター・大渕修一医学博士の研究を受けて開発しており、医学的根拠に基づいて歩行速度の変化を継続的に測定し、認知症・MCI(軽度認知障害)のリスク予兆が発見された場合に本人とその家族に通知する国内初のアプリとのこと。

同社はこれを顧客(被保険者)に提供し、歩行速度の低下を契機に運動習慣等を見直してもらうことで、認知症・MCIの予防をサポートしていくとしている。

なお、「ひまわり認知症治療保険」は太陽生命が提供する医療保険で、認知症により「時間」「場所」「人物」のいずれかの認識ができなくなった時に保障する内容となっていて、入院したり薬を飲んでいる人も加入できるとのこと。

▼外部リンク
株式会社InfoDeliver プレスリリース
「ひまわり認知症治療保険」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る