逢坂みえこ 最新刊コミックのテーマは認知症

2016年7月28日

実話を元にした認知症コミック

7月13日、漫画家・逢坂みえこさんの新刊「母はハタチの夢を見る」が発売された。この最新刊のテーマは認知症となっており、逢坂さんの義母の認知症発症がきっかけとなり、実話を基礎とするエピソードが、漫画の形で綴られている。

幅広い誌面で活躍する逢坂みえこさん

逢坂みえこさんは1957年大阪生まれ。1982年に少女漫画誌「ぶ~け」にて「美味しいのがいい!」で漫画家デビュー、その後、第15回講談社漫画賞少女部門の受賞作となった「永遠の野原」や「プロチチ」「おかあさんとごいっしょ」「木村くんは男友だち」など、女性向け雑誌だけでなく、男性向け雑誌でも作品を発表し続けている。

ハタチの頃に戻る「母」

この新刊「母はハタチの夢を見る」の物語は、「母」の連続するうっかりミスの描写から始まる。アイスクリームを冷凍庫ではなく野菜室に入れたり、スプーンとフォークを間違えるなど、うっかりミスが続いていた「母」。その後、年始に帰省すると、自分の息子とその妻、孫のことを誰だかわからなくなっていた。

そして、時折「母」は20歳の頃に戻り、明らかに認知症の症状を示しているにもかかわらず、それが認知症であることを「母」の夫である「父」は認めようとはしない。そして、妻子を置いて息子は「母」の元へと向かうことになる。

この「母はハタチの夢を見る」は、認知症の「母」と彼女を取り巻く家族を描いており、認知症を身近に感じられる作品となっている。この新刊は講談社コミックプラスとして、429円(税別)で発売中である。

▼関連記事
認知症の症状

▼外部リンク
母はハタチの夢を見る

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る