臨床研究の促進に向けEPSとクロエ戦略的協力関係締結

2016年7月11日

被験者の募集を通した臨床研究促進を目指し協力関係締結

平成28年7月6日、被験者の募集を通じ臨床試験の進行を促すため、株式会社クロエと戦略的協力関係を結んだとイーピーエス株式会社が発表した。

なお、株式会社クロエは日本において初めて被験者リクルートメントを専門とした、コンサルティングCROである。

被験者獲得を通じた臨床研究の促進を図る

臨床研究は、新薬の開発及びその実用化にとって重要な位置づけにある。だが、被験者募集の難しさがその主だった理由となり、その進行を遅らせている現状にあるのだ。

そうした中、クロエは日本初の被験者募集ビジネスに特化した企業であり、募集における計画の策定から治験後での被験者へのフォローまで一貫して行っている。また一方のEPSは、認知症といった中枢神経系疾患等を中心に、臨床試験にまつわる開発業務全般や新薬の製造及び販売後の調査支援というような、フルアウトソーシングサービスを行っているのだ。

そこでこれらを踏まえ、今回両社が戦略的協力関係を結ぶことでそれぞれの得意分野を生かし、臨床研究の促進を図っていく。

臨床治験の遅れによるコスト増大や患者への新薬提供の遅延改善に向けて

今回の戦略的協力関係により、クロエのこれまでに培われてきたモニター募集分野における知識等を生かしたそれと、EPSの有する治験情報を患者に対して提供する等によって、治験進行の促進を狙うのだ。

これは、現在認知症が社会的問題になりつつあることまた、認知症の予防や治療研究が望まれていることからも、社会的貢献度の高い取り組みといえる。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
新しい認知症治療薬の開発

▼外部リンク
EPSとクロエが被験者リクルートメントで戦略的協力関係を構築/被験者募集を加速化[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  9. 9趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  10. 10今野先生コラム「食事で認知症予防」第2回:ココナッツオイルと中鎖…
このページの
上へ戻る