認知症グループホーム代表者防火不備放置で書類送検

2016年7月5日

長崎県認知症グループホーム代表者を書類送検

平成28年6月22日、防火不備による業務上過失致死傷の疑いで認知症グループホーム、「ベルハウス東山手」を運営していたアイ・エル・エスの桝屋幸子代表を、近く長崎県警が書類送検する方針だと報じられた。

長崎市による再三の改善指導にも応じず

2013年2月8日夜に、長崎県にある認知症を対象とするグループホームの火災により、77歳から90歳の利用者5人が一酸化炭素中毒等で死亡し、7人が重軽傷を負った事故が起きた。

しかし当該グループホームでは、長崎市より再三防火扉の不具合改善等を指摘されていたにも関わらず、放置されていたのである。

ずさんな防災設備

事故後、長崎県警により聞き取り調査や検証実験等が行われた。

それによると、防災扉の不具合放置の他にもスプリンクラーの未設置、またリコール対象となっている加湿機が使用されていたという。なお、今回の火災源はこの加湿機とされている。

さらには、いざというときにあたっての十分な避難訓練がなされておらず、これも被害拡大の一因といわざるを得ない。

このことからこの火災事故での被害拡大は、運営者の複数の業務上過失致死傷による防災不備によるものだとされた。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
長崎県警察


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る