リハスタッフ向け認知症ケースにおける評価及び対応

2016年6月21日

認知症患者への対応に関するセミナー開催

株式会社geneは、平成28年7月17日、午前10時から午後4時までリハビリテーションスタッフ向けの、認知症患者に対する評価及び対応に関するセミナーを開催する。

場所は東京都千代田区にある、中央労働基準協会ビル4階ホール。

内容について

認知症は、その特質からBPSDを含め多様な症状を呈する。それらへの対応においては、認知症としての、また患者本人が本来持っている特性や障がい及び能力が絡み合い、症状的な行動へと結びつくという理解に基づいたものである必要がある。

そこで今回の講座では、認知症患者本人の能力発掘や「誤りなし学習」等といった視点から、具体的評価やそれに基づいた対応について事例とともに見ていく。

これらを通し、シチュエーション設定の工夫やアクティビティ選択による能力及び特性の発揮、またBPSDを含む生活障がいの軽減とADLの維持・改善ができるよう図るのだ。

料金及び申し込み方法について

料金については税込み12,500円となっており、当日会場にて支払うこととなる。

また申し込みについては、再受講割り・通常申し込みそれぞれの専用ページにて、行うことができる。

▼関連記事
認知症のリハビリ療法

▼外部リンク
リハスタッフのための認知症のある方への評価から対応まで~東京会場~


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  5. 5今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  6. 6認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  7. 7メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  8. 8「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る