厚労科研、新事業に認知症の先端技術 – パブリックコメントも募集

2017年9月20日

ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)の活用を視野

厚生労働省は「平成30年度の厚生労働科学研究事業」において、新たに「認知症先端技術活用推進研究事業(仮称)」を設置しました。また、9月4日、同事業全般に対して広く意見を求めるため、パブリックコメントの募集を開始しました。

厚生労働科学研究事業は大きく「行政政策研究分野」、「疾病・障害対策研究分野」、「健康安全確保総合研究分野」にわかれており、「認知症先端技術活用推進研究事業(仮称)」を含め、認知症関連の事業は「疾病・障害対策研究分野」に分類されています。

また、次世代医療や介護におけるICT(情報通信技術)やAI(人工知能)の活用が積極的に研究されています。これは、2015年に示された「新オレンジプラン」(※下記外部リンク参照)における「日本の高度な水準のロボット技術」や「ビッグデータの活用」に即したものといえるでしょう。

▼外部リンク
厚生労働省、「平成30年度厚生労働科学研究」に対する意見募集について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る