大阪薬科大学市民講座「認知症とくすり 〜創る側と使う側から〜」

2017年9月2日

医薬品や健康についての理解を深める

平成29年9月16日(土)13:00〜16:10、大阪薬科大学市民講座「認知症とくすり 〜創る側と使う側から〜」が開催されます。受付は12:00〜、会場は大阪薬科大学 C105講義室、受講料は無料で定員は350名、申込不要の先着順です。

同大学は、医薬品や健康についての理解をより一層深めることを目的に、年2回定期的に市民講座を開催しています。市民講座では、「くすりの相談室」を併設し、第一線で活躍中の薬剤師が、日頃のくすりに関する悩みや疑問などの相談に応じています。また、自慢の薬用植物園や図書館、資料展示室を自由に見学することもできます。

講演内容は以下の通りです。詳しくは下記外部リンクよりチラシ(PDF)をご覧ください。チラシには最寄駅からのバス時刻表も記載されています。

講演内容

「脳はまだまだ大丈夫!〜認知症の上手なケアと予防〜」(13:10〜14:30)
講師:村井弘之(国際医療福祉大学医学部 神経内科 主任教授)

「アルツハイマー病治療薬開発の夢を追って」
講師:杉本八郎(同志社大学 脳科学研究科・神経疾患研究センター 教授)

また、次のイベントも同時開催されます。
「くすりの相談室」(12:00〜13:00、16:10〜16:40)、「薬用植物園の見学」(10:00〜15:30)、「図書館、資料展示室の特別公開」(10:00〜16:00)

(画像はチラシより)

▼外部リンク
大阪薬科大学市民講座「認知症とくすり 〜創る側と使う側から〜」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る