医療・介護施設向け介護サポートシステム「徘徊通知システム」を発売

2017年4月13日

誤報を低減。高精度の徘徊通知システムを発売

各種アンテナ、セキュリティシステムの製造販売を行う、DXアンテナ株式会社(本社:神戸市)は医療・介護向け介護サポート・システム「徘徊通知システム」を2017年4月1日に発売しました。製造は株式会社マトリックス(本社:大阪市)。

病院などの高齢者受け入れ施設において、徘徊する認知症高齢者を見守り、事前に行動を検知・通知するシステムです。出入口などの確認した場所に設置しておけば、ICタグをつけた認知症高齢者が検知エリアに侵入した場合に、光と音で警報を発します。

設置は簡単、小型・軽量・高精度

「徘徊通知システム」は検知ユニット、警報ユニット、ICタグ、表示灯からなり、認知症高齢者にICタグをつけ、検知した場所に検知ユニットを設置すると、ICタグを検知し、警報ユニット及び表示灯が作動します。認知症高齢者のICタグを持っていない人を検知することも可能となっており、スタッフの方がICタグを持ち、それ以外の場合に警報を発するという使い方も可能です。

最大5か所設置可能な検知エリアのみ電波を発信するため、誤報を大幅に低減しています。 ICタグは2種類、重さ17.7gのものと、重さ7.3gと軽量・コンパクトに設計されており、違和感なく身につけられます。また、微弱電波により身体及び医療機器への影響を回避しています。

機器間はワイヤレス通信となっており、面倒な配線工事は必要ありません。

認知症高齢者の事故防止、介護者の負担軽減に

認知症高齢者の徘徊行動は社会問題化しています。警察庁によれば、2015年(平成27年)の認知症もしくはその疑いのある者の行方不明数は12,000人余りにもなり、その中で死亡事例は479人となっています。

「徘徊通知システム」は簡単な設置、誤報を低減した高精度検知、小型軽量ICタグといった介護現場のニーズに応えた性能から、建物外への徘徊を的確に防止する一助となることが期待されます。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
DXアンテナHP


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  5. 5認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  6. 6ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  8. 8東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る