パーキンソン病やレビー小体型認知症の病態解明に朗報

2017年2月17日

マーモセットモデルの開発に成功

公的財団法人 東京都医学総合研究所の認知症プロジェクト・リーダー 長谷川成人、首都大学東京の大学院博士課程の下沢明希らは、南米に生息するサル目のマーモセットの脳で、パーキンソン病やレビー小体認知症の病変であるαシヌクレイン異常型の出現と、脳内の伝播を確認しました。

αシヌクレインとは、脳に豊富に存在するアミノ酸140残基からなるタンパク質です。

研究の成果は今月2日、神経病理学情報誌のActa Neuropathologica Communicationsに掲載されました。

病態解明や、薬剤開発に期待

マーモセットモデルの開発により、異常αシヌクレインを検出するためのPETプローブの開発が期待されています。

PETグローブとは、γ線を放出する11Cや18F等を組み込んだ分子で、体内に注入することによって、これらの分子の動きを体の外から追跡、観察することができます。

マーモセットモデルにより、PETプローブが開発されれば、病変の部位や大きさがわかり、病変の広がりを予測し、病気の増悪を防ぐ薬剤の開発が期待できます。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
Acta Neuropathologica Communications

共同通信PRワイヤー


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  7. 7【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る