パーキンソン病やレビー小体型認知症の病態解明に朗報

2017年2月17日

マーモセットモデルの開発に成功

公的財団法人 東京都医学総合研究所の認知症プロジェクト・リーダー 長谷川成人、首都大学東京の大学院博士課程の下沢明希らは、南米に生息するサル目のマーモセットの脳で、パーキンソン病やレビー小体認知症の病変であるαシヌクレイン異常型の出現と、脳内の伝播を確認しました。

αシヌクレインとは、脳に豊富に存在するアミノ酸140残基からなるタンパク質です。

研究の成果は今月2日、神経病理学情報誌のActa Neuropathologica Communicationsに掲載されました。

病態解明や、薬剤開発に期待

マーモセットモデルの開発により、異常αシヌクレインを検出するためのPETプローブの開発が期待されています。

PETグローブとは、γ線を放出する11Cや18F等を組み込んだ分子で、体内に注入することによって、これらの分子の動きを体の外から追跡、観察することができます。

マーモセットモデルにより、PETプローブが開発されれば、病変の部位や大きさがわかり、病変の広がりを予測し、病気の増悪を防ぐ薬剤の開発が期待できます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
Acta Neuropathologica Communications
共同通信PRワイヤー


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る