若年性認知症(若年性アルツハイマー)とは|初期症状・予防法など

64歳以下の人が発症する認知症を総じて、若年性認知症と呼びます。若年性アルツハイマーは有名ですが、若年性認知症はアルツハイマー型だけではありません。ここでは若年性認知症の主な症状や初期症状、またその原因について詳しく紹介します。


この記事の目次
  1. 若年性認知症とは
  2. 64歳以下で発症し、診断までに時間がかかる事が多い
  3. 男性の方が多くなりやすい
  4. 遺伝する認知症もあります
  5. 若年性認知症の症状
  6. 初期に記憶障害や見当識障害が見られます
  7. 一度に複数の事を考える事が出来なくなります
  8. 脳血管性ではまだら型となる場合が多い
  9. アルツハイマー型では失認や視空間失認が起こりやすくなります
  10. レビー小体型では幻視やパーキンソン病症状が見られます
  11. 若年性認知症の方への対応の仕方
  12. 認知症の告知には家族のサポートが重要
  13. 初期の物忘れには、予定などを確認出来る工夫をしましょう
  14. 迷子にならないよう対策が必要です
  15. 本人の話を否定しないでください
  16. 車の免許は返納するようにご本人を説得してください
  17. 若年性認知症の予防や症状の改善策
  18. 早期発見と早期治療が肝心です
  19. 無理強いはしないで、本人が安心出来る言葉かけをする
  20. 生活習慣を見直す事が予防に繋がります
  21. 負担にならない程度のリハビリを行いましょう
  22. 介護保険や自立支援医療制度を利用する

若年性認知症とは

64歳以下で発症し、診断までに時間がかかる事が多い

認知症は高齢者だけが患うものではなく、若い世代でも認知症になる事があります。64歳以下の人が認知症と診断されると、若年性認知症と呼ばれるようになります。物忘れが出始め、仕事や生活に支障をきたすようになっても、まだ若いという思いで認知症であるとは気付かなかったり、病院で診察を受けても、うつ病や更年期障害などと間違われることもあり、診断までに時間がかかってしまうケースが多く見られます


男性の方が多くなりやすい

厚生労働省が若年性認知症の実態を調査し、2009年に発表した結果では、若年性認知症患者は、調査時点で4万人弱、男性の方が女性よりも多く、発病年齢は平均で約51歳との事。若年性認知症は、脳血管性型とアルツハイマー型の2つが圧倒的に多く見られます。とはいえ、罹患者は少数ですが、高齢者でも見られる前頭側頭葉型やレビー小体型、事故などで脳に損傷を受けたために起こる頭部外傷後遺症や、多量のアルコールを飲む事で脳が委縮する、アルコール性の認知症なども見られます。

脳血管性認知症についてはこちら アルツハイマー型認知症についてはこちら

遺伝する認知症もあります

若年性認知症の一部には家族に遺伝する認知症もあります。
アルツハイマー型認知症の一部は遺伝すると言われており、家族性アルツハイマー病と呼ばれています。検査で分かることもありますが、100%事前に分かる訳ではありません。
家族や親族が家族性アルツハイマー病だと分かっている場合は、自分も発症する確率が高まりますので早期発見・治療を心がけましょう。

若年性認知症の症状

初期に記憶障害や見当識障害が見られます

若年性認知症では、物忘れが見られ、仕事やプライベートで大事な予定を忘れてしまう場合があります。忘れた事を指摘されても、予定を組んだ事自体を忘れてしまうため、「あっ、忘れていた」と思い出せません。
また今日の日付や、自分がいる場所がどこかわからなくなります。そのため、書類などに日付を書こうとしても書けない、良く出かける場所で迷子になるなど、そういった事が度重なりおかしいと気付く場合があります。

記憶障害の詳細はこちら 見当識障害の詳細はこちら

一度に複数の事を考える事が出来なくなります

料理が上手だったのに、手順などがわからなくなるため出来なくなったり、片付けもどこにどのように片付けたらよいかわからなくなり、部屋が散らかってしまう場合もあります。計算が出来なくなり、買い物をしても小銭を考えて出せなくなる事も。また車の運転は車線をはみ出したり、ブレーキが遅くなったりし危険な運転になる事が多くなります。

物の共通点や違いがわかりにくくなる、抽象能力や判断力の障害とは?

脳血管性ではまだら型となる場合が多い

脳血管性では記憶する場所に、出血や梗塞が起こり認知症となります。言葉が出てこず、あれやこれといった表現が多くなる事があります。はっきりしている時と、全く理解が出来ない時が出る、まだら認知になる特徴があります。また泣いたり怒ったりしやすくなるなど、感情が不安定になりやすく、集中力がなくなります。

まだら認知症についてはこちら

アルツハイマー型では失認や視空間失認が起こりやすくなります

アルツハイマー型などでは、ドアなどが見えているのに、部屋から出られないとグルグル部屋を回っていたり、本人の目の前にある物を取って欲しいと言っても、言われたものと目の前にある物が結びつかず、取れなくなったりします。若年性アルツハイマーを家でチェック出来る方法として、時計を書いてもらうというのがあります。時計の文字盤を書いてと言っても正確に書けません。また何時何分と指定して、針を書いてもらっても正確に書けない事が多くなります。

アルツハイマー型認知症についてはこちら 認知症による暴力・暴言が起こったらどうしたらよい?

レビー小体型では幻視やパーキンソン病症状が見られます

レビー小体性では高齢者の症状と同じく、幻視を訴える場合が多く、何もない所に向かって話しかけたり、怒ったりするため、精神疾患と間違われる場合もあります。また手が震えたり、動きが遅くなるパーキンソン病に似た症状が見られやすくなります。

レビー小体型認知症についてはこちら 幻覚、錯覚の症状が出てきたらどうしたらよい?

若年性認知症の方への対応の仕方

認知症の告知には家族のサポートが重要

本人に認知症であると告知するかどうかというのは、よく問題になります。まだ仕事が出来ている段階で認知症だと告知を受けると、精神的な打撃は大きく、元々うつ傾向になりやすい状態であるため、それが悪化してしまう事も。しかし、理解力が残っている段階で告知を受けられると、本人の希望する治療法で治療が行えるというメリットもあります。もし告知したなら、家族の一緒に乗り越えようというサポートが重要になります。


初期の物忘れには、予定などを確認出来る工夫をしましょう

物忘れなどに対しては、日付の欄に書き込める大きなカレンダーを用意し、予定をそこに書きこみます。また薬は、1回分をまとめて小袋などに入れカレンダーに貼りつけるなどし、飲み忘れがないか確認出来るように。出かける時の鞄には、必要最低限の物を入れ、中身がごちゃごちゃしないようにしましょう。


迷子にならないよう対策が必要です

初期の段階でも迷子になる事があり、また症状が進行して徘徊が見られるようになると、迷子になっても住所や電話番号など、連絡先が言えない場合があります。服の裾やカバンの中に名前や連絡先を書いたものをつけておきましょう。小型のGPS 機能がついたものをカバンに入れておくのも迷子防止になります。

認知症による徘徊が起きたらどうしたらよい?

本人の話を否定しないでください

「物が無くなった誰かが隠した(盗った)」などと、言う場合がありますが、無くなったと思っており嘘ではないため、否定しないでください。またレビー小体型などで見られやすい幻視なども、そこにはっきりいるように見えるため、嘘を言っているなどと否定しない事です。否定しても納得は出来ず、介護拒否などになったり、怒ったりするだけで、解決にはなりません。

物盗られ妄想の症状が出てきたらどうしたらよい? 介護拒否が起こったときの対応は?

車の免許は返納するようにご本人を説得してください

高速道路の出口を入口と間違ったり、信号を無視したり、アクセルとブレーキを上手く使えずスピードを出し過ぎたりして、家族が恐怖でパニックになったというケースもあります。今は大丈夫だからと思っていても、病気は進行するため、いつ事故に繋がるかわかりません。かなり危険な状態で運転しているという認識を家族が持って、家族が説得してもダメなら、医師やケアマネなどからでも免許を返すよう説得してもらうのが良いでしょう。


若年性認知症の予防や症状の改善策

早期発見と早期治療が肝心です

若年性認知症は高齢者の認知症よりも、進行が早いと言われています。また早期発見し治療を行う事で、症状の進行を遅くするなどが期待出来ますので、早期に受診する必要があります。ただ本人が自分でおかしいと気付く事は難しいため、家族や会社の同僚、仲の良い友達などがおかしいと気付き、受診を勧めるようにするほかありません。認知症専門病院などでの受診は、本人が納得しない限り難しいので、CTやMRIなどの検査が行える設備が整っている、神経内科や物忘れ外来などがおすすめです。受診の際は、必ず家族も付き添って下さい。

認知症かも?と思ったら、どの病院行けばよい?

無理強いはしないで、本人が安心出来る言葉かけをする

例えば、お風呂に入らない、また服を着替えないなどは、服を脱いだりするのが面倒であるだけの時もあり、お風呂に入ってしまうと気持ち良いとなる場合もあります。
「お風呂は気持ち良いですよ」と気持ち良い事を伝え、背中に出来物が出来てないか見せてなど会話をして、背中をチェックするようにすると、脱いでもらえる場合があります。
介護拒否に対し無理強いをすると、余計拒否が強くなったり興奮したりするので止めましょう。

介護拒否の原因と対応、改善策についてはこちら

生活習慣を見直す事が予防に繋がります

脳血管性やアルコール性の認知症では、生活習慣を見直す事で、完全ではないですが予防が出来ます。バランスの良い食事をし、青魚を食べるのは認知症発症リスクが下がるとの報告もあります。塩分や糖分を取り過ぎないこと。適度の運動をし、肥満にならないよう注意すること。出来れば禁煙し、アルコールは適度に抑え、飲み過ぎないようにしましょう。またアルコール性認知症では、断酒をする事で、症状が改善する場合があります。

認知症を予防したいのですが。

負担にならない程度のリハビリを行いましょう

認知症は進行する病気です。少しでも進行を遅らせる為にリハビリを行いましょう。リハビリは脳に刺激を与え、活性化しようとするものです。音楽を聴いたり歌ったり、昔話を思い出しながら話をしたり、本を声を出して読んだり、簡単な計算をする。またちぎり絵や、オセロゲームなども良い刺激を与えると言われています。横で指示をもらいながら料理をするのも、とても良いリハビリです。ただリハビリは、本人の負担にならないよう行う事で効果があり、負担が大きいと逆効果になります。


介護保険や自立支援医療制度を利用する

若年性認知症は、男性が多く若い為に暴力や介護拒否などが見られたら、介護者が対応しきれなくなり、介護負担が大きくなってしまいます。40歳以上では、介護保険が利用できますので、対応が困難になった場合は、デイサービスやショートステイなどの利用も考える方が良いでしょう。また40歳未満でも、自立支援医療制度が利用できますので、市などの福祉担当課などに相談してみてください。

介護保険制度で受けられるサービスについてはこちら 認知症ケアと介護における大事にしたい考え方
このページの
上へ戻る