認知症介護の相談

1. 在宅介護を続けるコツは

介護を楽にするコツがあるとすれば、それは、「一人でがんばりすぎないこと」です。

これは決して介護を放棄することではなく、認知症高齢者ができること・やろうとしていることまで手を出さないことです。

危険を伴うことは別として、介護に携わる時間を短くし、介護者自身の生活に十分なゆとりをもてる方法を考えましょう。そのヒントが下記にあります。

1. 時間がかかっても、できることには手も口もださない。
2. できないことを無理にやらそうとするのではなく、手を貸す。
3. 危険なこと以外には、見てみないふりをする。
4. 説得や訓練は時間の無駄。
5. 他の家族も介護に巻き込む。必要ならば猫の手も借りる。
6. 遠くの親戚より隣の他人。
7. これまでの介護者の生活パターンはできる限り変えない。
8. 自由な時間を多く持つ。
9. できるだけ多くの介護サービスや制度を利用する。
10.介護は生活のすべてでなく、その一部にする。


まず、第一に、介護者が健康でなければ在宅での介護を継続することはできません。第二に、介護者の負担を軽くすることが在宅介護を続けるコツになります。第三に、介護する人とよい関係になければ、在宅介護は続けられません。認知症になる前の関係が悪い場合は、在宅介護は難しいということになります。第四に、介護者が介護の素質を持っているかどうかということです。 在宅介護に携わっておられる介護者は、日本古来の家庭環境から、「やむなく」「無理をして」「義務を感じて」「意気込んで」介護をされていることが多いものです。

認知症の在宅介護は精神論だけでなしうるものではありません。 多くの介護者が自らの健康を害して施設入居の検討に訪れられるかでもその状況というのは容易に判断できます。周りの人もそれを感じてあげる必要がありますし、必要に応じては施設介護を積極的に検討していくべきです。

介護の限界は介護者自らが判断すべきです。まわりの意見や感情に左右されると介護者自身の限界を超え、残された家庭にまで悪影響を及ぼすからです。

施設選びについては、こちらを参照してください。

2. 認知症の相談窓口は?

家族が認知症かなと思ったとき、また、認知症高齢者を介護していて困ったときなどは、自分で悩まず、進んで相談するようにしましょう。
なにより適切な介護・医療を受けることは高齢者ご本人様とご家族様や関わる方にとって大切なことです。

困ったときは相談しましょう

認知症相談室(掲示板):介護の専門家に無料で相談
認知症ねっとが運営する掲示板です。様々な専門職の方が、相談に応じています。

安心介護
http://ansinkaigo.jp/
当社が運営する介護全体の相談ができる掲示板です。

市区町村の窓口
地区町村の窓口に行きましょう。関係部署や関係機関を教えてくれます。

高齢者総合相談センター
いわゆるシルバー110番です。どんなことでも、専門家が無料で相談に応じてくれます。
電話:#8080(はればれ)

保健所・保健センター
各地域の保健センターではあらゆる相談にのっています。行政などに問い合わせてみましょう。

地域包括支援センター
地域包括支援センターでは、地域の高齢者の皆さんが住みなれた地域で暮らし続けられるよう在宅生活を支援します。

居宅介護支援事業所
ケア・マネージャのいる組織です。地域の介護情報などを豊富に持っていますので、ぜひ相談してみてください。
こちらで検索できます
WAM NET:サービス提供機関の情報

福祉事務所
高齢者福祉の相談に応じてくれます。

どこの病院にいけばいいの?

かかりつけ医区町村の窓口
多くの開業医は どこの病院にどのような専門医がいるかという情報を持っています。

物忘れ外来
専門家が開いている 専門外来です。担当している医師は、精神科、脳神経内科、老年科などさまざまで、物忘れや認知症の専門家です。最近多くなってきており、初期の相談が非常に大切で、 気になることがあったら、ぜひ一度、近くの病院に「物忘れ外来はありますか?」と尋ねてみて下さい。

老人性痴呆疾患センター
精神科のある総合病院などに設置されています。認知症は正しい診断が必要です。医療的なことなら、こちらに相談するのもいいでしょう。

認知症専門医を検索
認知症の専門医を検索できますので お近くの病院にかかるのも一案です。
日本認知症学会

認知症医療機関を検索
各都道府県の地区医師会が公表している相談医療機関で調べることができます。

同じ悩みをお持ちの方に相談してみませんか

安心介護
当社が運営する掲示板です。同じ悩みをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
http://ansinkaigo.jp/

認知症Q&A270問
認知症Q&A270問にも具体的な悩みの答えがあります。

市区町村の窓口
地区町村の窓口に行きましょう。関係部署や関係機関を教えてくれます。

認知症の人と家族の会
実際に認知症高齢者を抱えている人や、認知症高齢者を看取った方などが組織する日本最大の会員組織です。
http://www.alzheimer.or.jp/

認知症予防財団
http://www.mainichi.co.jp/ninchishou/
無料の電話相談を受け付けています。
電話:0120-654-874


このページの
上へ戻る