認知症における地域包括支援センターの利用

地域包括支援センターの仕組み

もしもご家族のどなたかが認知症にかかってしまったら?大切な家族だからこそ、自分たちの手でケアを行いたいと思う気持ちもありますが、身内だからこそ感じる苦労もあるものです。

そんな時に相談できる場所が身近にあれば、問題を抱え込むこともなく心強いことでしょう。ケアをする人、そしてケアを受ける人双方が安心できる駆け込み寺が「地域包括支援センター」なのです。

各市町村に最低1か所以上設置されており、地域包括支援センターには以下の専門職員が配置されています。

【社会福祉士】 詐欺や訪問販売といったトラブルから高齢者の権利を守る相談を受け付ける。
【保健師】 介護予防のアドバイスや指導を行う。
【主任介護支援専門員】 ケアマネジャーへの指導、関係機関との連携を行う。

これら専門スタッフを配置することで、以下の3つの業務を担っているのです。

1.電話や来所、訪問対応といった手段を用いた総合的な相談業務
2.要介護を防ぐ介護予防
3.関係機関とのサービスの連携・調整


市町村事業ですが、市町村が指定した外部の委託業者が行うケースもあります。

地域包括支援センターのメリット

次に「地域包括支援センター」を利用することのメリットを見て行きましょう。

権利と財産を守る

認知症となり判断能力が低下していることに付け込んで行われる権利や財産の侵害を、未然に防止することができます。

介護者の負担軽減

介護を日々行っていくことは、必ずしや心身の苦労がついてまわります。それにより、冷静な判断ができない、視野が狭くなると言う事が増えてきてしまいます。そんな介護者のケアを地域一丸となって行い、孤独感を軽減させます。

ワンストップの連携ケアが可能

それぞれの分野の専門家が揃っている為、1か所でケアができます。また関係機関への連携もスムーズな為、トータルでの対応が可能であることは魅力の1つでしょう。

多くのメリットがありますが、その一方で時として思ったようなサービスを受けられない事もあります。その多くがコミュニケーション不足に起因します。専門職員などと密にコミュニケーションを取りながら利用して行くことが大切です。

地域包括支援センターの今後(機能強化)

うまく連携を取ることにより、地域包括支援センターが出来るサポートは今後もますます増える傾向にあります。

・認知症にかかっている人も、共に楽しめるサークル活動
・介護者にとって、気持ちや情報を共有できる場
・地域住民にとって、認知症や介護への知識を深める場

地域包括支援センターで取り入れている「見守りネットワーク」は、高齢者を支える事はもちろん、地域の人間関係の強化に繋がります。

声をかけあう、どこかいつもと違う様子を感じたら、地域包括支援センターに一報を入れる。そんな小さな気づきと気遣いの繰り返しが、地域の人間関係のネットワークを強くしてくれ、安心して生活できることに繋がるのです。


このページの
上へ戻る