認知症で異食する原因と対応・対策

異食とは?

食べ物ではないものを食べてしまう事です

認知症が進むと、食べ物ではない物を口に入れる行為が見られる事があり、これを異食といいます。口に入れても、これは食べ物ではないと吐き出さずに、飲み込めるものであれば食べてしまいます。 ティッシュやゴミ、観葉植物や花、その植木鉢の土など、目につく所にあるものを口に入れます。机の上などにある取りやすいものだけでなく、服に付いたボタンを引きちぎって食べてしまったり、ゴキブリを捕まえる為の仕掛けからゴキブリを取って食べてしまう、着けているおむつを外してちぎって食べたり、おむつの中の便なども食べてしまうケースもあります。

ビニールのようなものでも喉に詰まらせ窒息してしまう場合もありますし、たばこや電池、漂白剤などでは、中毒を起こすなど大変危険な状態になる事があり注意が必要です。


異食が起こる原因

脳の機能の低下や味覚の感覚が鈍くなる為

異食は、目が見えにくくなって目の前にある物がはっきりわからず、口に入れてしまうという事もありますが、それだけなら、口に入れて食べ物ではないとわかれば吐き出します。

危険なのは、脳の機能の低下や、味覚などの感覚が鈍くなっている事で、食べ物でなくても吐きださずに食べてしまうものです。食べる事は生きていく上で必要なものですが、そういう認識が出来なくなっていて、食べられるものかが判断出来ていません。

食事前のお腹が空いた時に異食が見られる人もいるので、お腹が空いた為に、反射的にその辺にあった物を口に入れるという場合もありますが、満腹中枢が機能しなくなっている時には、空腹に関係なく起きます。

>>認知症による判断力の低下についての詳細はこちら

不安やストレスの為

また認知症ではなくてもストレスを受けた時に、食べる事で発散する方もいると思います。食べる事で安心し落ち着くというのは認知症の方でも同じとされ、誰も接していないなどの不安や何らかのストレスから、手の届くところにあるものを食べるという場合もあります。


異食への対応の仕方

怒らず口の中を確認する

異食を見つけても怒らないでください。怒ると口を開けてもらえなくなり、口の中の確認が出来なくなります。「歯磨きをしましょう」「入れ歯を外しましょう」などと声をかけ口を開けてもらい、口に残っていたらお菓子などを見せ「この方が美味しいよ。口の中のはペッてして」と吐き出すよう促してみてください。もし吐き出さず嫌がる仕草が見られたら、かき出しましょう。この場合噛まれる場合があるので、注意が必要です。

危険な物であればすぐ受診する

危険なものを食べてしまっている場合は、対処が必要です。ティッシュや紙くずなどは、喉に詰まらせていないか確認し、大丈夫であれば様子を見ます。小銭やボタン、ビニールなどであれば、喉に詰まっていなければ、吐かせず受診しましょう。たばこなら吐かせます。水など飲ませると、余計にニコチンを吸収させてしまう事になりますので、水などは飲ませないでください。

またたくさん食べている時は、かなり危険ですので早く受診しましょう。電池などは吐かせず、何も飲ませずすぐに受診してください。

強いアルカリや酸性の洗剤などは、吐かせる事によって胃や食道の粘膜を傷つけ危険ですので、吐かせず水などを飲ませて、すぐ受診しましょう。たくさん飲んでいる時などは救急車を呼んでも良いレベルです。何であっても病院に何をどれくらい食べたか、伝えられるようにしておいてください。


異食の改善策

危険なものは手の届く場所に置かない

異食が見られるようになったら、手に届く場所、目に触れる場所に危険な物を置かないようにしましょう。ただ、危ないからと、何も置かない殺風景な部屋に1人で過ごさせるような事はしないでください。ストレスを増やしてしまい、介護拒否や不眠などに繋がってしまう場合があります。花や観葉植物などは、なくしてしまうのではなく、手が届かない位置に飾るなどの工夫が必要です。

食べ物であってもそのままでは食べられない物に注意をする

また、食べ物であっても醤油などは、一度にたくさん飲んでしまうと、かなり危険になるものです。食卓に置かれている場合が多いですが、調味料は別の場所に変えた方が良いです。
冷蔵庫も食べられる物だけが入っているだけではなく、包装袋まで食べてしまったり、生では食べられない物をそのまま食べたりする場合もありますので、開ける時にちょっと重くなるようマグネットをつけてみたり、冷蔵庫を布などで見えなくするのも良いかもしれません。

薬はシートから出し、しまい忘れに注意する

薬も注意が必要です。たくさんの量を飲んでしまうだけでなく、シートごと薬を飲み込んでしまった例もあります。薬のシートは角が鋭利である事が多く、喉を傷つける場合があり危険です。薬を飲んでもらう時は、シートから出して手渡しし、飲むまでを見守り、しまい忘れないよう注意してください。

異食になっている原因を考えてみてください

もし食事前の空腹だと思われる時間に見られるようでしたら、食事の間におやつの時間を作ったり、食事時間を早めてみたりしましょう。また食事量が足りているか確認してください。

誰も相手にならず1人にしている時間が多くありませんか?おむつを食べるのも、出てしまっているのに変えてもらえず、気持ち悪くてしているのかもしれません。出来るだけ関わる時間を増やし、会話が難しくなっていても話しかけてあげてください。

歯磨きの習慣をつける

認知症になってから、歯磨きや入れ歯の手入れが出来ていないというケースが多くみられます。介助してでも歯磨きの習慣をつけておくと、異食の対応時だけでなく、虫歯の確認や扁桃腺炎の時など口の中を見やすくなります。また歯磨きをする事で、誤嚥性の肺炎を予防する事も出来ますのでやってみてください。

ケアマネージャーに対応を相談する

家族が仕事などで見守りが出来ず、日中1人になる時間がある場合は、デイサービスなどを利用されるのが良いでしょう。また介護をする家族も、異食というのは精神的にも負担が大きくなってしまうので、時々はショートステイなどを利用する方が良いかもしれません。ケアマネージャーに相談し、対応を考えてもらいましょう。


このページの
上へ戻る