認知症で食べないときの原因と対応

食べない原因

食べない事は早急に対応が必要です

認知症では、食べる事を拒む食事拒否や、飲み込む事が出来なくなった事で食べられなくなる、また食べ物を食べ物と理解出来なくなるなど、食事に関しての問題が起こる場合があります。食事は生きていく上で必要なものですから、早急に対策が必要になってきます。

体調不良や気分が落ち込んでいる事を伝えられない

目の前に出された物が、食べ物である事がわかっていても食べる事を拒む原因は、虫歯、口内炎、便秘、熱があるなどの体調不良である場合があります。うつや抑うつ状態である事もありますし、ただお腹が空いていないだけという時もあります。でも中々それらを伝えられずに、食事拒否となってしまっている場合が多くみられます。

>>認知症による「うつ・抑うつ」症状の詳細はこちら

食べ物がわからなくなっている

認知症が進むと、食べ物がわからなくなってしまう場合があります。自分で食事が出来る能力がある程度でも、まるで置物のように食べ物を並べたり、床に落として踏んだりする事もあります。食べるという行為自体を忘れてしまったりして、対応が難しいケースが多くなります。

飲み込めない

また食べたいとも思っているのに、飲み込めなくなっている場合があります。飲み込むというのは、神経が上手く伝わり、舌や喉の筋肉が正常に動く事で出来るものですが、認知症の進行でこれらのどこかに異常が出ると、ご本人の意思とは無関係に食べられなくなります。飲み込めず口の中に溜まってしまい、次に手がいかない状態です。

>>食事を食べさせるときのよくある質問はこちら


食べない時の対応

体調を調べ、問題なければ様子を見る

熱を測ったり口の中を見てみましょう。今まで普通に食べられていた人であれば、体調が悪くないか確認してみてください。お年寄りは身体を動かす事も少なくなり、お腹が空いていない時も出てきます。食事拒否が続くなら問題ですが、1日様子をみてみましょう。

怒らないでください

食べ物だと思わない事で床に落としたり、食べ物で遊んでも怒らないでください。食事は美味しいもの、楽しいものでなくなってしまい、拒否が強くなってしまいます。

無理やり口に入れるのは危険です

口の中にいつまでも食べ物がある時は、飲み込みにくいのかもしれませんので、とりあえず口の中の物は吐き出させて、少し刻んだりして食べやすいものに変え、少量だけ口に運んでみましょう。飲み込めないというのは、介護をした事がない家族の方にはわかりにくいもので、いつまでも口の中でモゴモゴして食事が進まないのは、自分が作った物が食べたくないからと勘違いし、怒って無理やり食べさせようとするケースもありますが、誤嚥となって大変危険ですので、止めてください。


食べない事への改善策

体調管理をしましょう

虫歯や入れ歯の不具合がないかは、時々見てあげてください。また便秘などでお腹が苦しければ食べたくなくなるものですので、排便のチェックをするようにしましょう。

美味しい事をわかってもらう

うつや抑うつ状態などで食事に興味が無くなっている時は、「これ美味しいよ」「一口だけでも味見しませんか?」などと声をかけてちょっと口に入れてあげる。味付けは甘めの方が、食べやすいようです。また、盛り付けも彩りよくする工夫もあった方が良いです。一口食べると次食べられる場合があります。

自分で食べられる工夫をしましょう

お箸が使い辛くなっているようだったら、スプーンやフォークを用意する。またそれも使い辛くなっている時は、介助も必要ですが、自分で食べられるように、手掴みでも食べられるようなおにぎりや、つまみやすい形態のおかずにしてみるのも良いでしょう。

散歩やラジオ体操で身体を動かす機会を作る

身体を動かす事がなければ、お腹も空きにくいので、散歩をしたりしてみてください。またラジオ体操は、音楽を覚えている事が多く、自然と身体が動く人がいますので、一緒に体操をするのも良いでしょう。

飲み込める形態に変えてみる

おかずなどを小さく刻んでも口の中に残っているようでしたら、ミキサーなどで流動食を作り、とろみをつけて口に入れてあげてください。これで飲み込めるようでしたら、ミキサー食に変えるようにします。ミキサー食は、元は何だったかわからないものですので、「これは○○ですよ」と料理の名前を言ってあげるのが良いです。

美味しい食べ物である事を介護者が見せて伝える

食べ物とわからない状態である時は、介護をする人が先に目の前で「ご飯ですよ。美味しいですよ」とはっきりゆっくり声をかけ、口元を見てもらう様にしながら食べてみる。次に「ほら、美味しい」などと言いながら、ご本人の口元にチョンと食べ物をつけてみます。すぐ興味が逸れてしまう場合がありますので、繰り返す必要がありますが、これでちょっと口が開く事がありますので、試してみてください。

食事は楽しい、美味しいものであるように

認知症では一つ一つの動作がゆっくりになってしまい、食事をするスピードも遅くなりがちです。お家の方が忙しい時など、早く食べて欲しいと急かせたり怒ったりしていると、食事をすると怒られるという認識になってしまい、食事拒否になってしまう場合があるので注意しましょう。また1回の食事の量が多いようでしたら、少し減らしておやつなどに回したり、食回数を増やすなどの工夫をしてみてください。


このページの
上へ戻る