認知症のリハビリに音楽療法

音楽によるリラックス効果などが認知症の症状の改善につながると考えられています。ここでは、認知症のリハビリテーションの一つである音楽療法について説明します。

音楽療法とは

音楽を聴いたり歌ったりすることで気持ちが落ち着いたり、気分が良くなったりする経験をしたことのある人は多いでしょう。音楽療法は、こうした効果で認知症の症状の改善を目指すリハビリテーションです。

その方法には、音楽を聴くだけの「受動的音楽療法」と、自ら歌を歌ったり、楽器を演奏したりする「能動的音楽療法」があります。

受動的音楽療法が取り入れられるのは、食事や介護などの場面です。音楽を聴きリラックスすることでスムーズに食事ができ、介護時の抵抗が和らぐといったことが期待されます。

一方の能動的音楽療法では、複数人で合唱やカラオケ大会をしたり、音楽に合わせて体操やストレッチなどの簡単な運動をしたりします。いずれの療法も、採用する音楽は気持ちが落ち着きやすいクラシックや当人にとって懐かしい歌謡曲、演歌、童謡、唱歌などです。

音楽療法による認知症への効果

音楽を聴いたり歌ったりすることで脳の血流が増し、脳が働くためのエネルギー源である糖が運ばれる量も増えます。それによって脳が活性化し、徘徊など認知症の周辺症状において下記のような症状の改善が見込まれます。

・行動面…徘徊、暴力、食行動の異常、睡眠障害、自発性、協調性
・心理面…不安、興奮、慢性的な落ち込みなどのうつ症状、無気力、妄想、幻覚

また、当人が過去に親しんだ音楽を聴くことで当時を思い出し、記憶力が改善された事例も報告されています。国立長寿医療研究センターによると、軽度認知障害(MCI)の人を対象に毎週1回、1時間ほどの音楽療法を8~10回行ったところ、記憶力や注意力の改善が見られたそうです。


能動的音楽療法の特性を生かした効果も挙げられます。その一つが、ADL(日常生活に必要な基本的な動作)の向上です。歌うことで発声や発語、嚥下、運動機能が高まるとされ、タンバリンやカスタネット、ベルなど簡単に音が鳴らせる打楽器などを使って体を動かすとより効果的だと言われています。音楽療法は、歌うことが好きだった人や楽器を習慣的に演奏していた人に対して行うことでより高い効果が期待できます。

また、合唱などを通して友人や人とのコミュニケーションが増え、徘徊やうつ症状などの悪化を防ぐとも言われています。孤独などによるストレスが症状の悪化に起因しているためです。

音楽療法の取り入れ方

では、こうした音楽療法をどのように取り入れていくかですが、望ましいのは、専門家である音楽療法士の指導を仰ぐことです。音楽療法士とは、日本音楽療法学会(日野原重明理事長)が定めたカリキュラムを履修し、試験に合格した学会認定の資格者になります。

音楽療法を取り入れている医療機関や老人福祉施設などでは、音楽療法士が対象者のニーズや能力に合わせて歌や演奏、振り付けなどを決めてプログラムを作り、指導してくれます。

ただ、日本ではまだ音楽療法士の数が少なく、どこの病院や施設でも導入されているわけではないので、まずは問い合わせてみてください。個人向けに訪問して音楽療法を提供している企業もあります。

近くに音楽療法を行っている施設や企業がなければ、家族が当人の好きだった歌を聴かせるなどして反応を見てみても良いでしょう。コミュニケーションを図る良い機会になるとともに、家族の心のケアにも役立つ場合があります。

(画像はイメージ)


このページの
上へ戻る