10月スタートのTBS新ドラマ、若年性アルツハイマーを題材

2018年8月7日

「大恋愛~僕を忘れる君と」、主演は戸田恵梨香さん

10月にスタートする金曜午後10時00分からのTBS新ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」では、若年性アルツハイマーが取り上げられます。34歳で若年性アルツハイマーを発症する医師という難しい役に女優の戸田恵梨香さんが挑み、戸田さん演じる女医の恋人として彼女を支える元小説家をムロツヨシさんが演じます。

北澤尚(戸田恵梨香)34歳は、レディースクリニックの医師として忙しく働いています。年上の医師・井原侑市との婚約が決まり、プライベートも順風満帆。結婚式まであと1か月と迫った新居への引越しの日、尚は元小説家で引越し屋のアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。初めて本気の恋に突き進む尚と真司でしたが、二人の愛を阻むように、尚がアルツハイマー病におかされていることが発覚。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続けます。

若年性アルツハイマーは全国で3万8,000人と推計

64歳以下で発症するアルツハイマー病である「若年性アルツハイマー」は、全国で約3万8,000人いると推計されます。認知症の症状の一つであり、脳が萎縮することで思考や行動に問題をきたします。

34歳にして、若年性アルツハイマーという病におかされてしまった真っ直ぐな女性と、そんな彼女に恋をした売れない小説家のラブストーリー。真司は、偶然の出会いと尚のアルツハイマー病をきっかけに、お互いを愛することの意味や喜びを知っていきます。そして、尚の存在が、真司の眠っていた小説家としての才能を再び呼び起こしていくのです。

(画像は公式HPより)

▼外部リンク
10月TBS新ドラマ、『大恋愛~僕を忘れる君と』


このページの
上へ戻る