認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

2838件の書き込み

  1. ぴよ さん
    義父が認知症だと、思うのですが、息子である夫は、私が、何度言っても病院に連れて行きません、義父が、失敗すると、ひどく怒ります、逆効果と、思うのですが、二人とも、私の言うことはききません、怒鳴り声で、私も落ち着きません、どうしたらいいのか不安です
  2. ぽんすけ さん
    認知症の母について。
    転倒から骨折してしまい、今は車椅子で移動し生活しています。今自分がしたいことをすぐにしないと気が済まず、状況的にできないことを伝えても理解ができないためか1人で勝手にしようとします。自分に都合が悪いと暴言をはき、拗ねたように人の話を聞かなくなります。時間帯によってはどうしても母がしたいときにしたいことをできない時もあり、5分でもいいのでじっと座って待っていて欲しいのですが難しいようです。できるときはなるべく希望を優先して対応していますが、状況的に困難な場合どうしたら待ってくれるのか、分かってくれるのかと悩んでいます。
  3. みっちゃん さん
     一年前に初めて母のことを相談いたしました。
     その後、昨年9月に介護保険の更新の名目で再度脳神経外科を受診(最初の病院とは別)。
     それで要介護1に認定され、デイサービスを週2回に増やし、様子を見ていましたが、今年2月に入って徘徊の兆しがあり(夕方行方不明になり、無事帰ってきましたが、本人に聞いてもどこへ行ったかわからない)、事前に申し込んでいたサービス付高齢者住宅の空きがあったので、3月からそこに入っています。
     入所に当たっては、事前の見学や説明に本人も一緒に行き、申込書等も自筆で記入したりしたので、本人も納得済みだと思っていたのですが、実際に入ってみると「家に帰る」の一点張りで、実際に入所三日目には帰ってしまって、もう戻ろうとはせず、弟は大変頭が痛い思いをしたようです。結局、施設の方とケアマネさんが家まで来て説得してくださって、再び施設に戻り、現在に至っています。
     落ち着くまではと、弟や私もなるべく顔を見せるのを控えるようにしていたのですが、3月下旬に再び背骨の骨が潰れて(前に潰れたのは、8年前亡くなった父の介護の時)、それ以来弟は病院に連れて行ったりしています。さすがに骨折の痛みがあると食事の支度等がしんどいというのは自分でもわかっているのか、それ以来あまり「帰る」とは言わなくなったようです。
     昨日、弟から連絡あり、一ヶ月ぶりに整形外科で診察したところ、今回潰れた骨の潰れ具合が悪いようで、このまま進んで潰れた骨が神経を圧迫するようなことがあれば、自力で立てなくなるかもしれない等、医師から言われたようです。それでも施設に入って、それほど体に負担のかかることはないはずだと思っていたのですが、施設の方にその話をすると、「帰る」とは言わなくなったけど、部屋で一人でいると、帰るための荷造りをしていたり、知らないうちに一人で1階ロビーの方に出ていたり、しているようです。施設の方も、なるべく気をつけて声をかけるようにしていただいているのだけど、サ高住では限界があるので、認知症の方専門のグループホームへ移ることも考えてみては、という話があったそうです。
     確かにサ高住はあくまでも住宅で、デイサービスのように体操をしたり、ショッピングに行ったり、というようなことはないようで、ご飯の支度もしなくてよければ、することもなくて手持ち無沙汰なようです。同じく入所している他の方と人間関係ができて、家のように行ったり来たりのつきあいができるかなと思っていたのですが、それも難しいようです。だから、提案はもっともな話なのかもしれません。
     ただ、ようやくなれ始めてきたところで、また移るというのが、どうなのかな?と気がかりです。また、弟は前回のことで大変だったので、今回は事前の見学や説明も本人抜きで考えて決めればいい、というのですが、例え忘れたとしても事前に説明も何もなく、ある日突然全然知らないところに移ったりしたら、それこそ母の混乱は想像しただけでも恐怖ではないかという気がします。
     グループホームもなかなか空きがないようで、今すぐのことにはならないかもしれませんが、私自身の考えをまとめるためにも、サ高住とグループホームの違いや、グループホームとはどういう施設なのか等について、教えていただきたいです。

     
    • すぬーぴーわん さん
      みっちゃんさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに、グループホームの事が詳しく載っていますので参考にして下さい。
      https://info.ninchisho.net/facility/f30

      もし、見れないと困るので文字でも載せておきます。ここは「相談する」ですが、一番左の「認知症を知る」クリック→「介護施設・サービス」クリック→「認知症対応型共同生活介護の続きを読む」をクリック。(PCです。スマホは右上メニュー)

      グループホーム・・支援2~介護5の認知症の高齢者、少人数(5~9名)で共同生活をしながら、家庭的な雰囲気と地域住民と交流のもと、介護や機能訓練が受けられます。


      サービス付き高齢者向け住宅・・より一般の生活に近い環境であります。60歳以上の人(自立、要介護、その施設が対応できれば可)、人数は特に決まりはないです。食事の提供や介護などをする決まりもなく、生活相談と見守りが行われ日中に1人スタッフがいれば良いのです。夜間はスタッフはいなくて良いのですが、だいたいは夜勤者か宿直をおいています。

      介護が必要な場合は、外部のサービス(訪問介護やデイサービス)を利用しますが、その施設の系列の訪問介護事業所などを利用する事が多いので、入居者はあまり外部のサービスを利用しているという意識がないかもしれないません。(系列の外部サービスは施設と併設されている場合もあるし、それはなおさら外部のサービスと感じないかも知れません)

      去年の12月中旬、市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加して、貰った資料からと介護事務の勉強をした時の資料からの文になります。何かヒントになる事があれば良いなと思い投稿しました。

      みっちゃんさんとお母様、弟さんにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  4. sato さん
    父が体調不良になったので同居し始めたところ認知症だと言う事にきずきました
    たまたまテレビでやっていたのを覚えていて、「急に怒り出したり、玄関のかぎが2か所だと開けれなかったりテレビのリモコンが使えないなど」当てはまったので検査したら認知症の初期だと言われました。その後よく取ったもの返せとか貯金に1億あるとか
    口だ言わずメモで書いてあります、最初は言って説明していましたが疲れてきて相手しきれなくなったのでメモが有っても知らん顔して捨てていますそれとなにか物えの執着が凄くて服や靴新しい物を買っても使ってくれず同じ服を洗いもせず来ています下着は
    洗うのですがくつも穴が開いてもはいています新しいものをはいてくれないので靴は修理していますどうすれば新しいものを使うようになるのでしょう
    • すぬーぴーわん さん
      satoさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事、ご心配ですね。

      お父様がお風呂に入られて上がった時、パジャマを着られますよね。satoさんが、少し大変ですが、次の日に着る洋服を用意されお父様のお部屋に置いて、お父様に「明日は朝起きたらパジャマからこの洋服に着替えてね。今着ている洋服は、これからお父さんお風呂に入るから、私洗濯するから洗濯かごに入れておいてね」では、だめでしょうか。(明日着る洋服を、お父様と一緒に選ばれても良いかも知れません)

      靴の穴が空いている事は、お父様はわかっているのでしょうか。理解しているのでしょうか。穴が空いているとどんなことになるか、説明はされましたでしょうか。まず、危ないですよね。あと雨など降っていたら濡れてしまいます。あと、人とすれ違ったとき、やはりみっともないですよね。そういうことを説明してもだめなのでしょうか。
      (何か、思い出があるのでしょうか)

      洋服の事も靴の事も、もしもうされてましたら、すみません。

      少し違いますが、うちの母の話しになりますが・・母はおもらしをするようになったので布パンツからリハパンにしたのですが、凄く嫌がって私の知らないうちに布パンツに勝手に私に黙って、変えてしまいそのあと私が気付くときはもうびっしょになっている時があります。私は母に聞くと「今日は調子がいいの」とか、口喧嘩になってくると「このパンツ(リハパン)はくと、おしっこが漏れるんだわ、お前たちここに何かぬっているんでしょ、そのせいだわ」と言われました。何回もそういうことをするので、母には悪かったですが母がデイに行ってくれてる間に、全ての布パンツを捨ててしまいました。

      意外に、母はそのあと何か言ったり行動したりしなかったのです。

      あまり役に立つ様な案ではないかも知れませんね。またうちの事も書いてしまいごめんなさい。

      satoさんとお父様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  5. 春はあけぼの さん
    母(90歳、2006年に父が亡くなってからは一人暮らし、心臓疾患で通院中、近くに住む弟が仕事帰りにほぼ毎日訪問)が、家に泥棒 (以前、庭掃除を頼んでいた70歳くらいの女性。1年ぐらい前、盗難に気づいてからは庭掃除の依頼はしていない。本人に問いただしたことはないが、母は、ほぼ犯人と確信している。警察に相談したが、確証がないため、「桶川ストーカー事件」と同様に、あまり親身に対応してもらえず、憤慨しつつ諦めている。) が侵入して、現金(1.2万円)・衣類・布団・通販購入品などを盗まれ、夜も落ち着いて眠れず、不安で悩んでいます。この3月に、弟が、業者に頼んで家の周りに防犯カメラを4か所設置しましたが、今のところ不審者は映っていなとの事です。母が言うには、母が家を空けている時に上手に家に侵入し、何処かに潜み、母が寝込んでから、様々物色して盗み出しているとのこと。時々、コトン・コトンと音に気付くことがあるが姿を認識はしたことはないとのこと。弟に、この状況について聞きましたが、「確証がないので本当か否か半信半疑で分からない?」とのことです。我が家(農家ではない)は、築90年と古く、3家族でもゆったり暮らせる程度の広さ。地方都市(45万人)で中心から8Km程度離れ、周りはゆったりと農地と民家に囲まれ、隣接の家は、10m以上ははなれている。概略、以上のような状況ですが、ご意見、助言など頂ければ助かります。
    • すぬーぴーわん さん
      春はあけぼのさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      ただ、この文からですとお母様には悪いですが、認知症が入っているのではないかなと思ってしまいます。ごめんなさい。

      布団を盗むというのも不思議ですし、布団は大きいですから運ぶのが大変にも思いますし、そんなものを運んでいたら誰かに見られるのではないでしょうか。

      母が家を空けている時に上手に家に侵入し、何処かに潜み、母が寝込んでから、様々物色して盗み出しているとのこと。・・上手に侵入とありますが、お母様は家をあけるとき鍵はかけないのでしょうか。どこかに潜み、母が寝込んでからとありますが、潜まないでそのまま物色して持ち運んだ方が良いように思うのですが・・もし、潜んで母が寝込んでからでしたら、いつ家から出るのでしょうか。コトンコトンと音がするとの事、築90年の家ですから、風や何かで音も出るのではないでしょうか。うちも築45年ですが、音がするときもあります。

      弟さんは、仕事がお休みの時でもお母様のところに泊まったりはしないのですか。泊まってみたらどうでしょう。

      お母様はお一人で住まわれているとの事ですが、食事や買い物は弟さんが買って行かれるのですか。弟さんが作られるのですか。もし、お母様が作られるとしたら火の事が心配ではないでしょうか。

      他の細かい生活面はどうされているのでしょう。(掃除、洗濯、入浴など、みんなお母様ご自分で一人で出来るのですか・・失礼な言い方になっていましたら許して下さい)

      一度、地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどに、相談された方が良いのではないでしょうか。認知症がなかったとしても、ご高齢ですので心配です。

      春はあけぼのさんが、聞きたいところの返事とは違うかも知れませんが・・的確なアドバイスも出来なくて、すみません。(疑問形ばかりで、すみません)

      春はあけぼのさんとお母様、弟さんにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      春はあけぼのさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      一度でも泥棒に入られた経験があると、少しの変化や物音には敏感になると思います。

      防犯カメラを4台取り付けてもお母様が安心できないのは、やはりコトンコトンという物音に原因があるのではないでしょうか。

      例えば、風が吹くと壁に枝が当たってしまうような位置に植木はありませんか?或いは、少し離れていても、木の葉等が飛んできたりはしていませんか?
      ネズミの被害はありませんか?
      築90年とのことですので、どこかガタが来ているところはありませんか?

      他にも、特に木造住宅で多いのですが、昼間暖められ膨張した室内の空気が、夜間気温の低下と共に収縮することで家が軋む音が鳴る場合もあります。

      音の原因を探り、それを除去する、或いはその原因をお母様が理解することで安心していただく、ということは出来ませんでしょうか?

      ご自宅はお一人で暮らすにはかなり広いお宅のようですね。
      広さがあると言うことは、それだけ目の届かない場所(やお部屋)があるということだと思います。

      目が届かないと言うことは、それだけ「誰かが隠れているかもしれない」という恐怖や不安を大きく感じると思います。

      例えば、使っていない部屋には使っていない(捨てられない)家財道具を全て入れて鍵をかける。
      普段よく使う居間や寝室に不要は物は置かない。
      貴重品は金庫に入れる。
      窓には格子を付ける。
      …等の対策はいかがでしょうか。

      こちらでのご相談ですので、もしかしたら春はあけぼのさんは、そのお母様の言動が認知症によるものかと思われているかもしれませんが、これまで私が書いた不安等は認知症ではなくても充分あり得ることではないかな、と思います。

      お母様が安心して過ごせますように。
  6. Garbera さん
    67歳 母がおそらく認知症です。(検査結果待ち)。
    数ヶ月前からもの忘れが多く、病院の予約をしていました。受診の数日前に会いに行った時、いきなり帰ってくれと言われました。
    事情を聞いても話しかけてくるなの一点張りで、そのまま帰りました、
    翌日、盗んだ物を返してとメールが来ました。印鑑を娘の私が盗んだと思っているようです。
    数週間前から、印鑑が無いと言っていたので、あたらしいものを作って渡すはずでした。
    直接言われたのなら、一緒に探すなど対処方がありますが、このように会うことを拒否され。メールで返してと言われている時は、どうすれば良いのでしょうか?3回程受け取っていますが、返信はしていません。
    新しい印鑑はまだ渡していません。
    また、もの盗られ妄想はいずれおさまると聞きましたが、私(娘)が盗んだと言う記憶は残るのでしょうか?
    長文ですみません。
    よろしくお願い致します。
    • すぬーぴーわん さん
      Garberaさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      母がおそらく認知症です。(検査結果待ち)。・・とありますが、専門の病院(うちの母は、脳神経外科に受診しMRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断されました)検査結果待ちと言うのは・・MRIでしたら、当日その場で結果が出ると思うのですが・・介護認定の結果待ちという意味ではないですよね。

      少し違いますが、うちは混んでいる病院の待合室で、私は泥棒呼ばわりされました。待っている人達みんな私の顔を覗き込んでいました。「酷い娘だ、お前全部私の金かっぱらった、返してよ」と、私は「こんな人がいっぱいいるところで話す話じゃないよね、家に帰ってからでいいでしょ」と・・言ったら、母は「人がいっぱいいたって別にいいわね」と・・母は銀行の封筒に入った万札を空っぽだと思ってゴミ箱に捨ててしまって・・しぶしぶでしたが管理を私がする事にしたのです。でも、それを忘れてしまって・・

      どこの病院に行っても(定期的に内科、脳神経外科、眼科、歯科、時々皮膚科、耳鼻科、整形外科)待合室で、突然スイッチが入ったように、大きな声で言うのです。私は病院に行くのが怖くなりました。でも、連れて行かないわけにはいかないので、我慢していました。だからストレスが凄く溜まってくるので、母がデイやショートステイなど利用するときに、自分のストレス発散に時間を費やしました。

      私の場合も、一緒に探しましょうというわけにはいかないので、とにかく私は我慢我慢でした。

      数週間前から、印鑑が無いと言っていたので・・この初めて印鑑がないと言っていた時は、一緒に探さなかったのでしょうか。この時は、まだ盗んだとは言われていないのですよね。まだ、うちにも上がれたのですよね。メールでのやり取りですか。それとも、新しいものを作ると言うのは、最初に言われて一緒に探してなくて、新しいのを作るねとお母様にお話しされてあったのでしょうか。(失礼な事を、言っていましたらごめんなさい)

      ここのサイトにも、物取られ妄想のことが載っています。ここは「相談する」ですが、一番左の「認知症を知る」をクリック→「症状」をクリック→「物取られ妄想の続きを読む」をクリック(PCです。スマホは右上メニュー)もう読んでいましたら、すみません)そして、メールではない話しなので・・お役には立っていないかも知れませんが・・そのいきさつなども被介護者の心理的な事も含め、載っているので何かヒントになるのではないかと思い投稿しました。

      Garberaさんとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      Garberaさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      妄想への対応は難しいものです。
      教科書やマニュアルには「否定してはいけない」と、書かれていますが、物盗られの犯人とされてしまっている方にとって「否定をしてはいけない」というのは、とても精神的な負担が大きくなります。

      しかし、認知症の方にとっては、どんなに事実と異なることであっても、その妄想こそが真実ですから、否定されればされるほど不信感が増したり、怒りを感じることでしょう。

      物盗られ妄想の場合、ご本人様と犯人とされている方の1対1の対応は難しいと思います。
      一緒に探したり、その途中で話題を変える等、対応の方法はありますが、やはり1対1だと「またいつ犯人と言われるか」という恐怖心のような物が芽生えがちですから、やはり精神的な負担を考えると、他の誰かの協力を得た方が良いと思います。

      お二人の間に不信感が残ると、今後の介護が難しくなる恐れも出てくると思いますので…。

      例えば、Garberaさんにご兄弟はいらっしゃいませんか?
      或いは、交流のある信頼できるご親戚やご友人はいらっしゃいませんか?

      協力してくださる方にお願いして、一緒に探していただいたり、或いは「この前印鑑無くしたって言ってたけど見つかった?」「Garberaさんが新しい印鑑を作ってくれるって言ってたけど受け取った?」等、これまでの出来事を思い出せるような言葉かけをおこなっていただくことは出来ませんか?
      (どちらの場合もお母様から「Garberaさんが盗んだ」との話が出るかもしれませんので、先に事情を説明しそれに対しての否定はしないようお願いしてください。かといって話に乗ってしまわないように)

      確かに妄想はいずれおさまるケースが多いです。しかしそれは、ほとんどの場合、認知症の進行によるものです。
      妄想が見られるのは認知症の初期が多く、中期以降おさまっていきます。

      しかし、黙って認知症が進行していくのを待つことが良いこととも思えません。

      デイサービス等のサービスを利用することで、気持ちが落ち着いたり、日々の不安や寂しさが軽減することで、妄想が落ち着くこともありますし、医師に相談しお薬を服用することでも妄想が落ち着くことが期待出来ます。

      妄想がおさまったあとは、自分が誰を疑っていたのか、ということを思い出す方は、私の経験ではいらっしゃいません。

      認知症の診断がつきましたら、要介護認定を受けられ、サービスの利用を検討されてくださいね。
  7. まい さん
    認知症の母を施設に慣らすために施設の経営者と話し合って2ヶ月ほぼ、1.2回しか会わない状態ですが、母は施設のトイレにいろんなものを、流して困らせてるようです。
    私としては、帰宅願望があり、言葉で伝えられないことなどで、ストレスで物を流してしまうような気がします。
    毎日会ってここが安心なところだと、家族が言ったほうが困らせないような気がします。
    認知症の母を施設に慣らすためにどのような介護の方法があるのか、介護のプロのかた相談したいと思います。
    • すぬーぴーわん さん
      まいさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに「施設にいる認知症の人の思い」が、載っています。とっても参考になりますので、見てみて下さい。ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中「特集・コラム」をクリック→「今井幸充先生」をクリック→プロフィールの一番下に「ユッキー先生のコラム」をクリック→左側にコラムが沢山出てきます。その41回、42回です。(PCです。スマホは右上メニュー)

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_041
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_042

      面会に行って、いろんな話をして差し上げた方が、良いと思います。ただ、帰るときに一緒に帰ろうとすると思いますので、そのたびにまいさんがお辛い思いをしなくてはなりませんが、そのたびに優しくどうして家に帰れないのかお話しして下さい。また、次の日も同じことになるとは思いますが・・くりかえしてあげて下さい。

      お手玉やあやとりなどはしませんか。折り紙を一緒に折ったりしませんか。まいさんと楽しい時間を過ごして下さい。穏やかな時間を、過ごして下さい。

      まいさんとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      まいさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      施設に慣らす為にご家族の面会を極端に少なくするというのは、施設の方針もあるかもしれませんし、これまでの経験からその方法が有効であるとの考えかもしれません。

      帰宅願望のある方への対応は、大抵1対1の対応となりますので、もしかしたら夜勤帯等では人手が足りなくなってしまうため、1日でも早く施設に慣れて貰わなくてはならない施設の事情もあるかもしれません(あくまでも推測です)。

      トイレに物を流すのが帰宅願望によるものではないか、と思われたとのことですが、例えば「帰りたい」と言ったり、施設内を徘徊したり…といったような、明らかに帰宅願望と分かるような言動はありますか?

      もし私がその施設のスタッフだとしたら、トイレに物を流してしまうこととお母様の帰宅願望を結びつけては考えられないように思います。

      認知症の為に、トイレを排泄する場所と認識していないんじゃないか?
      或いは、トイレと認識していても、昔ながらの汲み取り式のトイレ(所謂ポットン便所)と勘違いして、物を捨てても大丈夫だと思っているのではないか?
      施設でいつもいる場所とトイレの位置関係が、ご自宅と異なるために混乱しているのではないか?
      等々。

      施設のスタッフとしては、まずはその辺りから考えるのではないかな、と推測いたします。

      ですから、ご家族からの情報というのは非常に大切で、まいさんがそれを帰宅願望によるものだと感じるのであれば、それはぜひスタッフに伝えて頂きたいと思います。

      あくまでも私の個人的な考えになってしまいますが、私はご家族の顔を見ない日々を送ることよりも、そのようなご家族のお話をよく聞き、ご家族の想いを反映させる対応をおこなう事の方が、施設に慣れて頂く事に有効なのではないか、と考えます。

      認知症の方は、出来事は忘れてしまいがちです。しかし、その時その時の感情は心に残ると言われています。
      施設に入所して不安を感じたかもしれない、ご家族と会えず寂しい思いをしているかもしれない、と考えると安易に「慣らす為に会わないで」とは言えないと思います。

      施設で何に対してどのような対応をするのかが書かれている、介護計画書をスタッフが作成していると思います。そこにご家族の希望が盛り込まれるはずですので、まいさんの希望や想いをぜひスタッフに伝えてくださいね。

      入所から2ヶ月。施設から特に面会に関する連絡は無いようですので、このままではいつ面会に行けるのか分からないですから心配ですよね。
      施設に面会に行きたい旨を連絡してみてはいかがでしょうか。

      もしも断られるような事があれば、その理由をお尋ねください。もしもお母様がまだ落ち着かないようでしたら、どのような対応をしているのかも聞いてみてください。

      施設とご家族間には信頼関係が無くてはなりません。
      少しでも疑問に思うことは、遠慮せず施設にぶつけて良いと思います。
  8. rin さん
    私は23歳です。
    父親についての相談です。

    父は今年62歳になります。
    2年前、会社を定年退職となり、今もその会社でパート契約で働いてはいますが、数十年も続けた会社を退職の形となったのと同時に父の性格が変わりました。

    前は温厚で怒ることがほとんど無かった父。しかし、退職してから、せっかちが異常なほど酷くなり、怒りっぽく、また頑固になりました。

    なんでこんなものを?っていう物を隠して集めているような気もします。

    また寝る時間が突然変わり、今までは23時頃まで起きていたのに、最近は19時には寝て朝は3時には起きているようです。

    私は実家と離れて暮らしていますが、私の家が分からなくなっていたりと気になることが増えました。

    いやがっていた病院にもこの間連れていき、検査をしましたが、薬を出せるほどの症状ではないため、軽度も軽度と言われたようです。

    しかし日に日に色んなことが起きるため不安でしかありません。

    私は実家と離れて暮らしています。
    実家には高齢の祖母と、母親がいます。
    祖母は足腰は悪いですが、認知などはなく、まだ何もないようです。母親も手術を控えており心配なことばかりです。

    私はいつでも仕事を辞める準備はしており、様子を見ながら実家に帰ろうと思っています。

    これからどのように変化していくのか分からない今、何を準備しておけばいいのか。分かりません。

    認知症やアルツハイマー病の家族を支えていくために、気持ちの面も含めて、何を準備していたらいいのでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      rinさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事、ご心配ですね。

      ここは「相談する」ですが、一番左の「認知症を知る」をクリックすると「基礎知識」や「種類」や「症状」など、いろいろありますのでそれぞれのところをクリックしてご覧になってみて下さい。大変、参考になる事が載っています。

      また「相談する」の同じ列の真ん中「特集・コラム」をクリック→「今井幸充先生」クリック→プロフィールのページの一番下に「ユッキー先生のコラム」をクリック→左側にコラムが沢山出てきます。そちらも、ご覧になってみて下さい。(PCです。スマホは右上メニュー)

      いやがっていた病院にもこの間連れていき、検査をしましたが、薬を出せるほどの症状ではないため、軽度も軽度と言われたようです。との事・・お父様お一人で行かれたのですか。誰か、お父様の事をわかる方がご一緒されたのでしょうか。病院は専門の病院でしょうか。(うちの母は、脳神経外科に受診し、MRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断されました)

      rinさんは、23歳・・私はいつでも仕事を辞める準備はしており・・との事、まだ働き出して数年位なのではないですか。(はっきりわからないので、失礼な事を言っていましたら許して下さい)いろんな状況がありますから、一概にはもちろん言えないですが・・

      できるだけ、お父様に会いに行っていろんなお話をしてあげて下さい。またお父様の幼い頃の事や若い時の話しを聞かせてもらったり、昔の町の写真を見たり、流行った曲の話しを聞いたり歌ってもらったり、ときには市区町村の歴史博物館や民族資料館を一緒に訪ねてみるのも良いかもしれません。気持ちが、少しでも穏やかな気持ちでいられる様に・・

      お父様は、歌を歌う事はしませんか。好きではないですか。カラオケに一緒に行ったりはどうでしょう。音楽と思い出は関係が深いです。声をかけた時の反応が良くなったり、気持ちが落ち着いて笑顔が増えたりします。大きな声で歌う事は脳を刺激します。

      一緒に住まわれているお母様は、お父様の事をどのように言っていらっしゃいますか。

      あまり的確な案が、出なくてすみません。

      rinさんとお父様、お母様、おばあさまにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  9. コンサドーサ さん
    すぬーぴーわんさん、こんにちは。

    いろいろとお気遣い感謝いたします。
    妻は気丈に振る舞っているものの、内心ショックは計り知れないものと推測しています。
    また、病死などとは違うため、警察対応などもあり苦労しているだろうと思います。
    「後からどっと来る」
    そのとおりと思いますので、気晴らしになるようなことを考えつつ、支えていこうと思います。
    ありがとうございました。
    • すぬーぴーわん さん
      コンサドーサさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。 お返事、ありがとうございます。

      確か来年受験を控えている娘さんが、いらっしゃったと思いましたが・・敏感な年頃ですから、なおさら娘さんもきっとショックが大きかったのではないでしょうか。精神面で大変な思いをされてしまわれましたね。奥様と娘さん・・そしてお義母様も・・

      でも、コンサドーサさんがしっかりしていて、とっても人の気持ちを考えて下さるかたの様なので大丈夫ですね。(文章から、そう感じたので・・)

      前にも書きましたが、実の母親が認知症と診断されショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中に確か「介護とは、親が命がけでする最後の子育て」という言葉が載っていました。重い言葉ですね。

      今は全くわかりませんが、もしかしたら将来このことは何か意味があるのかも知れませんね。

      みな様、体調を崩されませんように・・。
    • コンサドーサ さん
      すぬーぴーわんさん、こんにちは。

      たびたび、ありがとうございます。
      受験を控えた娘は意外と大丈夫な感じです。
      ただ、見守っていく必要はありますね。
      それよりも、この春就職した息子のほうが心配です。
      慣れない職場でがんばっているため・・・まだ、知らせていません。
      遠く離れていますので、葬儀にも呼ぶか迷っています。
      また、病死などとは違い、警察に安置されていて、いつ葬儀出来るのかも心配です。

      いずれにしても、ここでの相談内容ではないことを書き込んでいますね。
      話せる場所がここしかない感じもしていましたので、お許し下さい。
      私の拠り所だった気がします・・・。
      私も人間ですから、人のことばかりという訳にはいきませんので。

      ほかの相談者の方もいらっしゃるので、この辺で閉めさせていただきます。

      今まで、本当にいろいろとありがとうございました。
      前を向き、がんばっていきます。
  10. コンサドーサ さん
    ご報告・・・

    ここへ書き込みをして、いろいろとご指南いただき、良い方向へと進んでいければと思いつつ、春を迎えてしまいました。
    先週の土曜日(4/15)に妻ひとりでしたが、義父と義母を訪ね今後のことを話し合ってきました。
    ただ、平行線は平行線のままで、義父にはもう少し施設へ入っていてもらうこととして、夏までには私のマンションで暮らす方法を模索していたところでした。
    義父は「年を取ってからこんな仕打ちを受けるとは思わんかった」と少しやつれた感じで話をしていたようです。
    施設の食事の量が少ないようで、身体はほっそりとして、杖を突いて歩いていたそうです。
    それでも妻とは楽しく話をできたようなので、なるべく時間を作って施設へ足を運んであげようとも話をしていたところでした。

    ・・・そんな中、本日(4/17)の夕方、妻から私の携帯に連絡があり・・・・・
    「昨晩、施設で首を吊って自殺したって・・・」
    最悪の結末となってしまいました・・・。
    だから早く、うちへ連れて来いといっていたのに・・・。
    そこまで追い詰められていたのかと思うと・・・言葉になりません。

    奏ちゃんママさん、e.unitさん、すぬーぴーわんさん・・・
    いろいろと親身にご指南いただき、ありがとうございました。
    せっかく、いろいろと自分のことのように書き込みをしていただいたのに・・・。
    残念でなりませんが・・・後悔先に立たずですので、しっかりと供養してあげたいと思います。

    本当にいろいろとありがとうございました。
    • すぬーぴーわん さん
      コンサドーサさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。 お悔やみ申し上げます。

      びっくりしました・・本当に、そんなに、そこまで、追い詰められていたななんて・・残念です。

      せっかくコンサドーサさんや奥様が一生懸命、いろんな案を出され少しでも・・
      残念でなりません。私は・・こうやって文字を打っているだけ・・何も役にたっていない・・少しでも気持ち的にと思うのですが・・なかなか・・ごめんなさい・・

      これから、まだいろいろすることがあって大変だと思います。手続きなど終わって落ち着いた時に、どっときますので気をつけて下さい。奥様もきっと大変ショックを受けられているでしょう。守って差し上げて下さい。

      とても、お辛い状況でこちらまで気を使って頂いて、ありがとうございます。

      ご冥福を、お祈りいたします。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る