認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

3001件の書き込み

  1. サトル さん
    86歳男性 介護度5

    足にじんましんがでるようになりました。おそらく 抑肝散を多くとるようにしたためだとおもうのですが
    それがないと かなり不安定に、そして怒りやすくなります。怒り出すととめることができなくなるので、薬を切らすことはかなり怖いです。
    力があるので、抑え込むと自分で自分を傷つけます。ほっておくと外に出ようとそこらじゅうをあらしまわり、叫びますので、、非常に困っています
    一応、皮膚科の受診をするつもりですが、行動抑制をする薬は、今かかっている病院では抑肝散以外はだせないようなことをいわれました。
    • オカユ さん
      サトルさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      抑肝散はある種のじんましんに有効であると聞きますが…抑肝散が原因でじんましんが出ているのでしょうか?

      お父様のじんましんは足だけですか?

      足だけのじんましんの原因として多いのが、機械的じんましんと言って、例えば下着の締め付け等、外部から皮膚を圧迫する刺激が原因でじんましんが出ることが多いと言われています。

      他にも、食品や薬品のアレルギーはもちろん、季節やストレスから来るものもありますし、これまで何でもなかったのに、体調が悪かったり、ストレスが強いことで、じんましんが出ることもあります。
      じんましんの原因を特定するのは難しいと言われていますので、「抑肝散~だとおもう」でお薬を止めるのは危険かな、と思います。

      皮膚科を受診された際には、飲まれているお薬が分かるもの(お薬手帳やお薬説明書等)を持参されてくださいね。

      また、もしもお薬が原因だと言われた場合、すぐに主治医にもお薬について相談されてくださいね。
      抑肝散以外出せないと言われたようですが、それが原因でアレルギー症状が出るのであれば、変更を検討してくださると思いますよ。
    • すぬーぴーわん さん
      サトルさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。ご心配ですね。

      「抑肝散を多くとるようにしたためだと」と書かれていますが、抑肝散は飲んではいるが前の量に戻すのは無理なのでしょうか。薬は切らさないで、前の量にしておくのではだめなのですか。

      「抑え込むと自分で自分を傷つけます。ほっておくと外に出ようとそこらじゅうをあらしまわり、叫びます」・・認知症からくる症状として、診断されているのでしょうか。

      この文からだけですと、はっきりわからなく感じてしまいます。ごめんなさい。抑え込むと、自分で自分を傷つける・・どうして、抑え込まなければいけない状態になってしまったのかとか「外に出ようと」とするなら、ちょっとでも時間を作って、散歩に一緒に行ってあげる事はできないのでしょうか・・ごめんなさい。よく、私が状況をわかっていないのかも知れません。

      もう一度、主治医とよくご相談してみては・・だめですか。

      的はずれな事を、言っているかも・・すみません。

      サトルさんとその男性のかたにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  2. マークン さん
    認知症の母親を自宅にて介護しています。
    以前はディサービスを利用していましたが今はいきたがりません。正直困っています。また、最近はすぐに横になって寝ようとします。なにか対策はありますでしょうか。
    • 奏ちゃんママ さん
      はじめましてマークンさん。
      私は以前介護に3年携わっていた奏ちゃんママと申します。

      お母様がすぐ横になってデイサービスに行かないのは心配ですし自宅で介護をされるのは色々と大変ですよね。
      デイサービスに行かなくなった理由をケアマネさんにきいてみてはどうでしょうか?
      家での過ごし方をケアマネさんにお母様のことを相談するべきだと思います。

      ネットで調べていたら対処方法がのっているサイトがありましたので参考にしてみてください。https://ansinkaigo.jp/press/archives/8829
      いい解決方法がみつかることを願っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。
    • オカユ さん
      マークンさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      以前は通われていたデイサービスに今は行きたがらない、とのこと。

      私は長く認知症専門の小規模デイサービスに勤めておりました。マークンさんのお母様と同じように、以前は通われていたのに、急に来られなくなる方もおられました。

      また、初めから通われるのを嫌がる方もおられました。

      初めから嫌がられる方は「自分には必要ない」「何であんな所に」等、必要性を感じなかったり、自分を年寄り扱いしないでほしいという思いの方が多かったように思います。

      対して、途中から嫌がられる方は、例えば失禁等の人に見られたくない失敗をした、レクリェーションがつまらない、異性に入浴介助をされるのが嫌、利用者やスタッフに気の合わない人がいる等、具体的な理由がある方が多かったように思います。

      お母様にも何か行きたくない理由があるかもしれませんので、ご本人やデイサービスのスタッフに話を聞くと、その原因やヒントが分かるかもしれません。

      原因が分かれば、どんな対応が必要なのかスタッフやケアマネジャーと相談も出来ると思います。
      デイでの役割があると、その為に来てくださる方もおられました。

      その他、すぐに横になってしまうことから、もしかしたら体力的に難しくなってきている事も考えられると思います。利用回数を減らしたり、利用時間を短くすることも出来ると思いますので、こちらもスタッフやケアマネジャーへ相談されてくださいね。
    • ナツコ さん
      こんにちは。

      5年間、認知症の母の介護を体験したナツコと申します。
      お母様がデイサービスに行きたがらないとのこと。
      私の母も、一時期行きたがらないことがありました。
      多くは語りませんでしたが、性格や、スタッフとの関係性があると思います。
      ケアマネージャーに相談し、別のデイサービスに変更しました。
      お母様も、何かしら理由があるのかもしれません。

      お母様の状態がどのような状態かは分かりかねますが、デイサービス以外にもデイケア(通所リハビリテーション)や通所入浴などもあります。
      また、ヘルパーステーションを活用して、ヘルパーに来てもらうのも方法のひとつかと思われます。

      ケアマネージャーはいろいろな施設の情報を把握しているので、お母様に合ったところを見つけてくれるのではないでしょうか。
      ケアマネージャーに相談してみましょう。

      すぐ横になってしまうとのことですが、昼間寝て、夜起きてしまうのでしょうか。
      主治医にその旨を伝えましたか。
      もし、主治医に伝えていない場合、次回の受診時に相談してみましょう。

      家族だけで介護することはありません。
      専門職である、ケアマネージャーや主治医を活用しましょう。
      お母様も、マーくんさんも、それぞれの人生を第一に考えて下さい。
    • すぬーぴーわん さん
      マークンさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、マークンさんの事も心配です。

      お母様は、最初はデイサービスに行かれていたのですね。たぶん毎回行かれて帰ってくると、連絡帳があると思うのですが、お母様がデイでどのような様子でいらっしゃったかなどその日の出来事などが、書かれてくると思うのです。その様子は、どんな感じだったのでしょう。

      他の回答者様も仰っていますが、デイのスタッフさんに聞いてみるのが一番だと思います。

      少し違いますが、うちの母は変なところで神経質?なところがあり(まだ、認知症になっていないときから、ありました。認知症になって、ますますひどくなりました)、ティッシひと箱が2日もたないで終わるのです。なんでもティッシュで拭くのです。病院行った時なんか、待合室で待ってる人が呼ばれて立ち上がって行くと、その椅子をティッシュで拭いてから腰掛けるのです。新しいティッシュの箱を開けた時も、1枚出して、箱の周りを拭くのです。

      トイレットペーパーも、最初使う時毎回ペーパーを捨てるし、最後の芯のまわりのペーパーも何周か残して捨ててしまうのです。母に聞くと最初のは「お前たちが触ってるから」最後のは「この紙を巻き付けた人が触ってるから」と、言うのです・・

      話しが違う方になってるみたいですが・・こんな母がデイのお風呂に入ってくれるわけはなく・・デイに行くようになってから、1年半くらいは入浴なしで家で入っていました。その間は危ないので、私が見守りしていました。(1時間くいらい、大変でした)ある程度は自分で出来ていたので、自分で出来る事はなるべく自分でした方が良いと思い・・だから、なおさら時間はかかります。

      そのうち、突然朝起きた時に「腰が痛い」と言い出し・・それを機会にデイで入ってもらうようにしたのです。最初はダメで、足湯からしてもらい、次は足湯した時に「ズボン濡れちゃったから着替えようか、ついでにお風呂も入りましょ」・・デイのスタッフさんには良くしてもらいました。母が入る前に、浴槽など目の前で洗ってくれて、新しいお湯を入れて下さったのです。何回かして、やっと入浴に慣れてきて・・

      今度は、家に帰ってきてから何を言うのかと思ったら、母が「お風呂入るとき、若いお兄ちゃんでかわいそう・・若いお兄ちゃん、こんなバーさんの裸見なきゃいけなくて、かわいそう」と、言うのです。私はてっきり、バーさんでも女性だから、女性のスタッフさんが入浴の時の着脱などして下さっているものだと、当たり前のように思っていました。

      デイに電話をかけて、聞いてみました。やはり「職員の休みとか手が足らないと男性スタッフさんがするようになってしまいます・・ご希望であれば女性スタッフにするようにしますね」と、言って下さいました。

      とにかくやはり、スタッフさんに聞いてみるというか、ご相談してみた方が良いと思います。そして、デイの責任者のかたやケアマネさんにも入ってもらうようになるかも知れません。

      長々と、うちの事を話してしまいすみません。

      マークンとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  3. Need さん
    はじめまして。
    初めて投稿させて頂きます。
    ご意見頂ければ幸いです。
    親族が医師(専門医ではありません)に「劇場型の認知症ですね」と言われました。
    劇場型認知症とはどんなものですか?
    本人はしっかりしていると思っているのですが…
    一見しっかりしいるのですが対人関係が非常に苦手で自分の意に沿わないと相手を攻撃(言葉で)します。
    医師に処方されている睡眠薬を飲んでもあまり寝れず、とてもネガティヴです。
    重くはありませんが糖尿病もあります。
    専門医に相談する場合、何科へ行けば良いかも教えて頂けますでしょうか?
    • すぬーぴーわん さん
      Needさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。親族のかたの事、ご心配ですね。

      脳神経外科で良いと思います。うちの母は、脳神経外科に受診し、MRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断されました。MRIやSPECT(脳の血流量を調べるためのなどで、診てもらって下さい。

      医師に処方されている睡眠薬を飲んでもあまり寝れず・・夜、眠れなくて病院にかかったのしょうか。

      介護認定の申請はされていますか。サービスを利用して、Needさんの負担軽減して下さい。デイなどを利用され、他のかたと接する事は脳に刺激を与え、認知症の進行を遅くするのに役立つという事です。

      Needさんが望んでいる回答ではないかも知れません。すみません。

      Needさんとご親族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • ナツコ さん
      こんにちは。

      ご親族の方は、意に沿わないと暴言が聞かれるのですね。
      その医師は、「激情型」もしくは「激昂型」という意味で仰ったのかと思われます。
      認知症には様々な種類があり、その中で感情のコントロールがつかない場合もあります。

      また、糖尿病で診察を受けている医師から認知症や脳神経外科の専門医を紹介してもらうことはできないのでしょうか。
      糖尿病の血糖コントロールの状況や、薬の処方といった情報を紹介状に記載してくれます。
      医師間で親族様の情報を共有し、検査の重複などを避けることができます。
      それが、ご親族様に負担の少ない治療につながるのではないでしょうか。

      お役に立てれば幸いです。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る