認知症・MCIの予防と改善

普段からどのような事に心がければ、認知症にならないですむのでしょうか。ここでは認知症・MCIの予防方法を紹介していきましょう。
また、認知症・MCIになってしまっても、リハビリを通して進行を遅らせたり、改善も望めます。どのようなリハビリが効果的なのでしょうか。

  • 脳のしくみと認知症の予防方法とは?

    脳は、大脳・小脳・脳幹という3つの部分に分かれており、特に大脳は物事を考えたり、決めたりする役割を担っています。ここでは、脳の役割と認知症の予防方法について説明します。

  • 食生活を見直しましょう

    生活習慣を改善するためには、日々の食事や運動の習慣を見直すことが重要です。 ここでは、食事の見直し方について説明します。

  • 認知症と生活習慣病の関係

    生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことと定義されており、認知症の発症を高めると言われています。

  • 運動で認知症予防

    認知症を予防する方法として、有酸素運動が効果的と言われています。ここでは、運動が認知症の予防に効果がある理由と、有酸素運動と無酸素運動の種類・方法について説明します。

  • 筋トレで認知症予防

    筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにし、かつ海馬の神経細胞を新しく作ることが出来ます。ここでは筋トレについて説明します。

  • デュアルタスクで認知症予防

    認知能力を上げる方法のひとつとして、デュアルタスク(二重課題)があります。日々の生活の中で行われている行動を意識して取り組むことで、認知能力を向上させましょう。

  • 認知症と糖尿病の関連性

    糖尿病は生活習慣病のひとつですが、認知症との関係が深い病気です。特に、アルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドβという老廃物が溜まることによって引き起こされます。

  • 食用油で認知症予防

    認知症の予防について様々な研究が行われています。予防方法のひとつに食生活習慣の見直しが推奨されています。特に、最近メディアでも紹介されているのが、食用油です。


このページの
上へ戻る