2016/07/20

8,184 view

糖尿病は治療すれば完治するのか

糖尿病は一度発症してしまうと完治は難しい病気とされています。糖代謝の異常を完全に元に戻すのは現在の治療法ではかなり難しいことなのです。しかし、投薬や生活習慣の改善によって症状をかなり抑えることができます。

シェア

ツイート

糖尿病とは

糖尿病とは糖代謝の異常によって血液中の糖分が栄養として分解されず、高血糖が続く状態のことです。血糖値が高いことによって血管が損傷を受けたり、神経系に異常を及ぼしたりすることもあります。全身に関係する症状のため、体のどこに異常が現れるかは人それぞれで、状態や進行具合に応じて治療法を選んでいく必要があります。

糖尿病は完治するのか

残念ながら今のところ糖尿病を完治させることは難しいとされています。一度糖代謝の異常をきたしてしまうと、正常な状態に戻すのは難しく、症状を進行させない工夫や治療を行うことがメインとなります。投薬による治療によって、膵臓の負担を減らし、膵機能の回復が期待できます。これはインスリンが分泌できないという根本の問題を解決します。 ただし、膵臓がダメージを受けすぎていると回復は見込めません。生活習慣の見直しなどで、血液中の糖分をなるべく増やさない工夫が求められます。

糖尿病の症状を抑えるための工夫

糖尿病は、完治は難しい病気ですが、日ごろのちょっとした心掛けで症状の進行を食い止め、改善できる可能性があります。例えば、食事の回数を5、6回に増やすことです。一度にたくさんの食べ物を体内に取り込むことによる体の負担を減らすためです。そのような場合、大量に入ってきた食べ物を分解するために体は急に動きださなければなりません。中でも、糖を分解するためのインシュリンを生成する膵臓は、かなりの負担を強いられます。このような食事が毎回続くと、やがて体が限界を迎え、突然インシュリンの生成をしなくなってしまったり、かなり元気のないインシュリンしか生成できなくなってしまったりするのです。こうした危険を少しでも未然に防ぐために食事の回数を増やして、少量を少しずつ食べることが効果的とされています。

また、糖分を多く含むご飯やパンなどの炭水化物の取りすぎを避けることも効果があります。炭水化物にかえて豆類や緑黄色野菜をメインで取るように心がけましょう。こうした食べ物は糖尿病の発症率を抑える効果があることが証明されています。