2016/07/20

3,177 view

糖尿病性神経障害の特徴とは

糖尿病性神経障害の特徴とは、多くの場合足の指先に違和感を覚えることから始まることです。最初は少しの違和感かもしれませんが、放置しておくと重大な怪我や、命にもかかわる事態になりかねません。特徴を知って、早期の発見に努めましょう。

シェア

ツイート

糖尿病性神経障害とは

糖尿病は様々な合併症を併発する病気です。その中でも糖尿病性神経障害は最もおこりやすい合併症の一つとされています。特徴として末梢神経や自律神経が高血糖の状態が長く続く事によって損傷を受け、様々な異常をもたらすことがあげられます。放置しておくと心筋梗塞などの重大な疾患にもつながりかねません。とはいえ、早期に発見することで進行を改善したり抑えたりすることもできます。

糖尿病性神経障害の症状

糖尿病性神経障害の症状としてまず挙げられるのが手足のしびれや痛みです。とりわけ足への症状は、かなり初期から現れるとされています。足の先がしびれていたり、針で刺されたような痛みが生じていたりするなら要注意です。そうした異常は、左右対称に現れることが多いため、セルフチェックできる点として覚えておきましょう。

また、足の裏に違和感を覚えることも多いようです。何もない床を歩いているはずなのに、布団の上を歩いているような感覚を覚えるなら、神経が正常に働いていない可能性があります。さらに、足の裏に触れているだけで、痛みを覚えることもあります。こうした症状を一定の期間で繰り返すようなら、糖尿病性神経障害の恐れがあります。

放置しておくと危険

糖尿病性神経障害そのまま放置しておくと、やがて神経の働きが鈍くなり重大な障害に繋がりかねません。例えば、痛みや熱さを感じる神経の働きが失われることによって、怪我をしても気がつかないという事が考えられます。怪我をしても治療に当たる事ができず、いつまでも傷口に細菌が入る状態となってしまい、最悪の場合細菌によって傷口が壊死してしまう結果にもなりかねません。やけども同様で、熱さを感じる神経が鈍くなっているために、やけどしている事自体に気がつかず、知らぬ間に完治も難しいほど重度のやけどを負ってしまう事があります。

また、そうした傷にもやはり気がつかず、壊死してしまう危険性もあります。いずれにしても、初期の兆候を見逃さず、早めに医師による検査を受けることが望ましいと言えるでしょう。早期発見するならば、かなりの程度症状の進行を遅らせたり、改善したりする事が期待できる可能性が高まります。