2016/07/20

6,458 view

糖尿病性神経障害とはどんな症状?予防するには?

糖尿病性神経障害の特徴とは手足のしびれといった神経の異常から始まり、時には内臓の働きに悪影響を与えたり、心筋梗塞の原因にもなったりしかねない障害です。糖尿病の予防やチェックをしっかり行い、早期発見に努めることをお勧めします。

シェア

ツイート

糖尿病性神経障害の特徴

糖尿病性神経障害とは、糖尿病の合併症の中でもかなりの確率で発症するとされる合併症の一つです。末梢神経や自律神経にダメージを与え、体の各部に不具合を生じさせる障害です。原因ははっきりとしたことはまだ特定されていませんが、多くの場合高血糖の血液が継続的に体を巡る事によって血管を損傷し神経がダメージを受けるためと考えられています。症状はまず足から出ると言われています。足の指のしびれや足の痛みを感じるなどの症状が現れ、足の裏の感覚が異常をきたし、床を歩いていても布団の上を歩いているような感覚になります。こうした症状は左右対称で現れるのも特徴の一つで、該当する場合は糖尿病性神経障害の可能性を疑った方が良いかもしれません。また、自律神経へダメージがある場合、内臓系の働きにも影響を与えることもあり得ます。

予防するには

糖尿病自体、一度発症すると完治は見込めません。もし糖尿病性神経障害と診断された場合は完治を目的とした治療ではなく、進行を妨げたり、症状を少しでも軽くしたりすることが目的となります。そのため、発症する前に適切な血糖値をコントロールする事が必要です。日常生活の中で、よい食習慣や運動の習慣を身につけることが役立ちます。また、糖尿病性神経障害の特徴として、足に最初に症状が確認できることから、毎日足の感覚や痛みがないかをチェックする事もよいかもしれません。

早期発見の重要性

予防や早期発見のために体のチェックを入念に行う事が出入れば進行を抑えたり症状を和らげたりする治療が容易になります。痛みやしびれといった神経障害はそのまま放置しておくと悪化してしまうおそれがあります。糖尿病の傾向を早期に発見できるよう心がけておくとよいでしょう。

薬物療法はもちろん効果が期待できる治療方法ですが、食事や運動などで血糖を良好な状態にキープする事もできます。生活習慣を見直し、症状がないかをチェックし、少しでも異常を感じたら医師による診察を受けるよう心がけておけば、重症にならないうちに対処する事が可能です。血糖値が正常に保たれていれば、徐々に痛みやしびれといった症状は落ち着き、普段通りの生活を送れるようになるでしょう。