2017/03/17

198 view

甲状腺刺激ホルモン構造が睡眠の質・肥満・糖尿病と関連

睡眠不足や質の悪い睡眠が生活習慣として続いていると、血糖値が高まり、糖尿病を発症しやすくなるほか、逆に血糖コントロールを改善すると睡眠の質も改善するなど、糖尿病と適切な睡眠の間には深い関係があることが、近年の研究で明らかとなってきています。

続きを読む