2016/07/15

3,429 view

糖尿病性神経障害の検査について

糖尿病性神経障害の初期症状は普段経験するような疲労感と似ており、放置してしまいがちです。早期の発見がその後の治療や進行を食い止めるために重要なポイントとなりますので、まずは自分でできる簡単なチェック方法で検査してみましょう。

シェア

ツイート

糖尿病性神経障害とは

糖尿病性神経障害は、自律神経や感覚神経などの末梢神経に異常をもたらし、放置しておくと重大な疾患にもつながる障害です。糖尿病の合併症の中でも最も早期に症状が現れるもので、早期発見と早期の対処が不可欠となります。

糖尿病神経障害の検査方法

神経障害は目立った症状として現れるまでは、全く気がつかないうちに進行しているケースも多く注意が必要です。そのため、軽度な症状であっても軽視せず早めの検査を受けることをおすすめします。「目立った症状が現れないから病院に行くタイミングが分からない」、「そもそも病院に行く時間がない」。このような方が行える、足に現れる症状で簡単に危険度をチェックする方法があります。幾つか該当するものがあれば、病院での本格的な検査を受けたほうが良いでしょう。まずは、足の先がビリビリしびれたり、ジンジンと痛でいないかをチェックしてみてください。神経障害は手や足の指先に現れる事が多いからです。また、足そのものの感覚に違和感を覚えている場合も要注意です。

さらに足の外観をみてもチェックする事ができます。傷があってもなかなか治らない場合は、神経障害に注意した方が良いと言えます。靴ずれや、たこ、まめなどが頻繁にできているようなら注意を要する症状といえます。気付かずにこうした外傷を負っているということは、それだけ神経の働きが鈍くなり、本来痛みを発する事で危険な状況から脱する事ができるはずのものが痛みを感じにくいゆえに放置され、結局深い外傷を負ってしまいます。

痛みの症状から検査する

痛みがどのように現れるかをチェックする事によって自分でも糖尿病性神経障害の可能性を検査する事ができます。注意すべき痛みの種類として、持続的で焼けるような痛み、電気が通るような痛み、針などの鋭いもので刺されているような痛みが挙げられます。とくに初期は足にしか症状がみられない事が多いため、足の指や、足の裏など違和感が長く続く場合は病院で本格的な検査を受けたほうが良いでしょう。軽いように思える症状でも放置せず早期に適切な処置をとる事ができれば、症状を改善することや進行を食い止めることが可能となります。