2016/07/15

9,010 view

糖尿病性神経障害の診断基準について

糖尿病性神経障害における診断基準は、手先や足先に痛みやしびれがあることと、アキレス腱反射が正常かどうかという点です。糖尿病を既に患っており、該当する症状があるなら、医師に相談することが推奨されます。早期発見すれば改善も容易です。

シェア

ツイート

糖尿病性神経障害とは

糖尿病性神経障害とは、糖尿病の合併症の中でも特に発症の多いものの一つです。症状としては、足の指や手などにしびれや痛みを感じたり、神経の働きが鈍くなるために熱さや痛みを感じにくくなります。しびれや痛みなども辛い症状の一つですが、熱さなどを感じなくなる事によって、怪我ややけどに気がつかない事もあり得ます。そのために怪我の治療が遅れてしまい、気がつかないまま傷口の組織や細胞が死んでしまう事例もみられます。

糖尿病性神経障害の診断基準は?

手足のしびれなどは糖尿病に関係なくても感じるかもしれません。様々な症状の中で糖尿病性神経障害と診断される条件として、「手先や足先に痛みや感覚の違和感があり、アキレス腱反射で両足とも反応しない」ことが挙げられます。もしこの条件に該当する場合、糖尿病性神経障害と診断される事が多く、特定の治療が必要となります。他の病気の場合でも同様の症状を発症する事はあり得ますが、糖尿病を既に患っている場合は一番に疑った方が良いかもしれません。

自分でもできるチェック方法

糖尿病性神経障害のチェックは、医師の診断以外に自分でも行う事ができます。方法の一つは内くるぶしの振動覚検査と言うものです。方法は、椅子に座って足をのばし、伸ばした足のくるぶしに音叉で振動を与えます。もし異常がなければ10秒以上音叉の振動を感知できますが、神経障害が発症していると全く感じないか、感じても数秒で感じなくなります。

音叉は楽器のチューニングに利用するため楽器店で安価で購入できます。簡単に購入可能な道具で検査が出来ますので、気になる方は試してみてください。もう一つの方法として、アキレス腱の反射検査というものがあります。これは椅子の上に後向きで膝立ちした状態で、アキレス腱を打腱器で叩くという方法です。健康であれば叩かれてすぐに自然に足先が動きますが、神経障害があると反応しないか、あるいは上手く動かない状態になります。こうした簡単なチェックをしてみることで、早期発見に役立ててください。