2017/01/23

1,939 view

納豆菌と乳酸菌をWで取れる「すごい納豆 S-903」発売

2017年1月18日、タカノフーズ株式会社は自社が発売するおかめ納豆より「すごい納豆 S-903」発売を2月27日から発売することを発表しました。

シェア

ツイート

まさにすごい納豆!

この「すごい納豆 S-903」には同社が新たに発見した「S-903納豆菌」を使用。この納豆菌は「免疫に対する機能性を高めた納豆及び抗アレルギー用組成物」として特許を取得しています。

また、付属のタレには森永乳業株式会社が保有する「シールド乳酸菌」を配合。この乳酸菌は人が生まれながらに持っている力をサポートすることが知られています。加熱殺菌菌体でも効果を期待できるため、料理に利用しやすいところも嬉しいですね。

この「すごい納豆 S-903」なら納豆菌と乳酸菌をWで摂取することが可能になります。

レシチンと糖尿病網膜症

納豆に多く含まれるレシチン。全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンターは納豆に含まれるレシチンには糖尿病の合併症である網膜症を防ぐ効果があると発表しています。

網膜症は血糖値が急激に下がると起こりやすくなると言われています。網膜の中で新しい毛細血管ができる時、レシチンが不足すると脆い毛細血管ができあがってしまい小さな動脈瘤もできやすくなります。そのような血管は小さな刺激でも出血しやすくなり、網膜症を引き起こすことも。

しかし、高血糖状態が長く続いている人でも網膜症を発症しない人もあります。そのような人は血中レシチン濃度が高い人が多いのです。

糖尿病の発症が気になる人は早めに納豆を取る生活にシフトしておくといいかもしれませんね。

外部リンク

タカノフーズ株式会社 プレスリリース(日経プレスリリース)