2016/12/22

37,795 view

糖尿病のリスクが高い方の二糖類の摂り方

糖尿病の発症を防ぐためには、食事の摂り方に注意が必要です。今回は、糖尿病のリスクが高い方に向けた二糖類の摂り方について解説します。

シェア

ツイート

二糖類とは

単糖は、それ以上分解することができない糖のことで、ブドウ糖や果糖などです。2つの単糖が結合したショ糖や乳糖、麦芽糖などのことを二糖といいます。

糖尿病のリスクを高める

食事で摂取した二糖類は小腸でブドウ糖へと分解後に吸収され、血液中に移行して血糖値を上昇させます。血糖値が高くなると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンにはブドウ糖を細胞に取り込み、血糖値を下げる作用があります。糖類の過剰摂取などにより血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げるために大量のインスリンが必要になります。大量のインスリンが分泌される状況が続くとインスリンの分泌量や作用が低下し、高血糖状態が続きます。これが2型糖尿病の発症メカニズムです。

二糖類は消化吸収が早いため、食後に高血糖を招きやすいといわれています。二糖類である砂糖は多くの食品や菓子類に使用されているため、糖尿病のリスクが高い方は過剰摂取を控えましょう。

高血糖を防ぐ食事の摂り方

食事の際に最初に糖類を摂取すると、血糖値の急激な上昇を招く恐れがあります。最初に野菜や海藻など食物繊維が豊富に含まれた食品を摂りましょう。食物繊維には、小腸における糖類の吸収を緩やかにする作用があります。また、よく噛むことでインスリンの分泌を促進し、血糖値の上昇を招くグルカゴンの分泌を抑制するともいわれています。

<まとめ>
糖尿病のリスクが高い方は、二糖類の摂取を控えましょう。特に二糖類である砂糖は、様々な食品に含まれています。二糖類を摂る際には、最初に食物繊維を摂ることをお勧めします。