2016/07/15

3,442 view

糖尿病性腎症治療のガイドラインについて

病気の治療にはガイドラインと呼ばれるものがあり、治療を受ける患者にとっても治療を行う医師にとっても重要なものです今回は、糖尿病性腎症になってしまった時のガイドラインについてご説明します。

シェア

ツイート

糖尿病性腎症という病気の特徴

糖尿病性腎症は糖尿病の合併症で、腎臓に影響を及ぼす病気です。発症すると進行するごとに腎臓の機能が弱くなっていきます。腎臓は身体の中の毒素を尿として外に出す役割がありますが、機能が弱まると身体の毒素を排出できなくなります。そうなると、身体の中に毒素が溜まり血液によってその毒素が全身に回ってしまいます。これにより、むくみ、頭痛、吐き気などの不快症状が現れることがあります。

最初は自覚症状はほとんど現れません。自覚症状が現れた場合には病気が進行しているという場合が非常に多く、病気の進行スピードは抑えるのが難しくなります。

ガイドラインとは?

ガイドラインとは、病気の治療を行う医師と治療を受ける患者が、適切な診療を行えるように手助けをするために作られた文章のことをいいます。

糖尿病性腎症のガイドラインは糖尿病性腎症という病気であると医師が判断するための診断基準にもなり、治療を行う上でも役立ちます。このガイドラインは、病気を治療する上でなくてはならないものです。

糖尿病性腎症のガイドライン

糖尿病性腎症のガイドラインには、病気を診断するための明確な定義が定められています。早期の発見と治療が重要であることなども記載されており、早期発見早期治療が理想的であることがわかります。さらに、尿に含まれるアルブミンの量によって病期なども定められており、その数値によって病気の進行具合なども分かるようになっています。

病気と断定された患者の治療法に関しても治療法が病期によって決められており、患者と病期にあった治療法がとられるようになっています。