2016/07/14

791,052 view

その眠気、糖尿病の症状かもしれません

眠気は、糖尿病の代表的な低血糖症状のひとつです。糖尿病の治療を行う上で、低血糖への対応方法と血糖値のコントロールをしていきましょう。

シェア

ツイート

眠気は糖尿病の低血糖症状のひとつです

昼食後、眠くなってうとうとすることは誰でもありますよね。しかし、糖尿病における眠気は低血糖症状が原因かもしれません。

低血糖とは、血液中のブドウ糖が少なくなった状態を言います。低血糖の起こる理由として、以下のような理由1)が考えられます。

①食事の時間がいつもより遅れた、量が少なかった場合
②運動や労働など活動量が多すぎた時、空腹感が強くみられた時に激しい運動を行った場合
③糖尿病の内服薬やインスリンの量を増やしたり、時間が変更になった場合
④糖尿病治療薬以外の薬やアルコール類を飲んだ場合
⑤性周期では月経時(開始と共に起こりやすくなります)

低血糖の症状に注目!

低血糖の症状は、血糖値によって現れる症状に段階がある1)と言われています。

【血糖値が55~70mg/dL程度】
自律神経症状が現れます。異常な空腹感、体のだるさ、冷汗、動悸、ふるえ、熱感、不安感、悪心などがみられます。しかし、気づかない場合もあります。このような症状は「警告症状」と呼ばれ、この時点で低血糖の対応を行うことが大切です。

【血糖値が50mg/dL程度】
中枢神経症状が現れます。眠気、強い脱力、めまい、強い疲労感、集中力の低下や混乱、言葉が出ない、物が見えにくい、時間や場所がわからない、元気がない、不安、抑うつ、攻撃的、過敏で不機嫌、周囲との調和が取れない、動作がぎこちないなどがみられます。

【血糖値が30mg/dL程度】
さらに血糖が下がると、大脳機能の低下が現れます。けいれん、意識消失、一時的な体の麻痺、昏睡などが現れ、生命に危険な状態が現れます。

【無自覚低血糖症】
低血糖が起こっても、症状が現れずに気づかない場合があります。いきなり意識障害や昏睡を起こすため、十分に注意が必要です。
原因は、低血糖を繰り返すことにより起こる場合があります。低血糖を起こらないようにすることが大切です。

低血糖を予防する方法

低血糖が起きた場合にどのような対応をすれば良いでしょうか。

低血糖の症状を感じたら、すぐにブドウ糖を10~20g摂りましょう。普段からブドウ糖を持ち歩いたり、常備しておくことが大切です。

ブドウ糖を補給した後は、15~20分程度安静にしましょう。その後、食事を摂るか、炭水化物の多い食品を摂りましょう。

また、早めに主治医に報告をしましょう。

突然、意識を失うような強い低血糖を起こす場合があるかもしれません。その時は、日本糖尿病協会が作成した糖尿病であることを書いたカード2)がありますので、必要事項を記載して、常に携帯しましょう。

また、家族や職場の人にも低血糖症状や対応方法について理解してもらうことが大切です。

「低血糖の症状かな」と感じたら、速やかに対応しましょう。

参考文献:
1)日本糖尿病学会.患者さんとその家族のための糖尿病治療の手びき2017.改訂第57版,日本糖尿病協会・南江堂,2017,p.88-89.
2)日本糖尿病協会.“療養グッズ一覧”.日本糖尿病協会.(2018年11月5日アクセス).