2016/09/30

23,895 view

糖尿病の合併症「顔面神経麻痺」の原因・症状・治療法

糖尿病により高血糖の状態が続くと、全身を巡る血管にダメージを与え、様々な合併症を引き起こす原因になります。ここでは、糖尿病の3大合併症のひとつである、糖尿病神経障害に分類される顔面神経麻痺について解説します。

シェア

ツイート

顔面神経麻痺は糖尿病神経障害の一種

顔面神経麻痺は、糖尿病の合併症として発症することがあります。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が高い高血糖の状態が続く慢性疾患です。高血糖により血管は障害を受けやすくなります。血管は全身に張り巡らされているため、高血糖が長期間続くと必要な酸素や栄養が体の各器官に届きにくくなり、様々な障害を引き起こしやすくなります。これが、糖尿病により合併症が発症する主な原因と考えられています。

糖尿病の合併症は、細い血管に現れるケース(細小血管障害)と太い血管に現れるケース(大血管障害)に大きく分類されます。細小血管障害は神経系・眼・腎臓で起こりやすく、以下は糖尿病の3大合併症として知られています。
・ 糖尿病神経障害
・ 糖尿病網膜症
・ 糖尿病腎症

糖尿病の影響で発症することがある顔面神経麻痺は、糖尿病神経障害の一種です。

顔面神経麻痺のメカニズムと症状・治療のポイント

顔面神経麻痺は、糖尿病神経障害のうち単一性神経障害に分類されます。単一性神経障害とは、神経に栄養を供給している細い血管が高血糖の影響により血栓で詰まり、その神経が影響する部位に麻痺が生じるものです。

顔の筋肉を動かす神経に障害が起こる顔面神経麻痺では、主に以下のような症状が現れます。
・ 片側の目が閉じにくい/開けにくい
・ 飲み物が口からこぼれる
・ 表情をうまく作れない/顔が歪む

顔面神経麻痺のような単一性神経障害は、数カ月で自然に症状が緩和されるケースがあり、比較的予後の状態は良好といわれていますが、原因である糖尿病を改善するには血糖コントロールが欠かせません。初期段階で厳密に血糖コントロールをすることにより、末梢神経が再生することがあります。

糖尿病は無症状のまま進行しやすい病気ですが、顔面神経麻痺を含む糖尿病神経障害は、比較的早い段階で症状が現れると考えられています。症状に気づいたらすみやかに医療機関を受診し、早めに治療をスタートさせましょう。

<まとめ>
顔面神経麻痺は、糖尿病の3大合併症である糖尿病神経障害として発症することがあります。顔面神経麻痺は単一性神経障害といわれ、糖尿病の影響により顔面の神経に栄養を供給する血管が詰まり、その神経の影響下にある部位に麻痺が起こります。顔面神経麻痺の治療には薬が使われることがありますが、基本的には生活習慣の改善による血糖コントロールが大切です。