2016/07/14

93,919 view

糖尿病の初期症状、低血糖の時に現れる症状とは

糖尿病の初期症状には低血糖があります。血糖値が急に下がると、空腹感や、体の震え、動悸、冷や汗などの症状が現れます。このような症状が現れたら、砂糖や甘いジュースを摂取すれば、一時的に血糖値をコントロールできます。

シェア

ツイート

低血糖とは?

低血糖とは血糖値が低くなりすぎた状態のことを言います。低血糖は、食事量が少なかったり、食事の時間が遅れたり、激しい運動をすることで血糖のコントロールがうまくいかないときに起こりやすくなります。また、インスリン治療や経口血糖降下剤の投与を受けている人は、薬が効きすぎて低血糖が起こることがあります。

<糖尿病昏睡について>
極端なインスリン不足によって血糖値が高くなり、意識が朦朧として、やがて昏睡にいたる状態を糖尿病昏睡と言います。これは、ケトン体という物質が血液を酸性にし、脳の働きを低下させるからです。また、糖尿病治療のためのインスリン注射を勝手に止めてしまった場合にも起こります。昏睡状態になる前の前兆として、のどの渇きやだるさ、吐き気、腹痛、頭痛などの自覚症状が現れます。

低血糖の初期症状から後期症状について

低血糖の初期症状は、あくび、眠気、頭痛、吐き気、空腹感、イライラ感、不安感、だるさ、不快感、目のちらつきなどがあります。

※低血糖に関する詳しい解説は『こんなときは要注意!低血糖で現れやすい初期症状』をご覧ください。

更に進み中期症状になると、冷や汗や手の震え、動悸、めまい、脈拍が早くなる、顔面が蒼白になるなどの症状があらわれます。そして血糖値が下がり過ぎると、ついには意識がなくなったり、痙攣が起きます。エネルギー源であるブドウ糖が脳に十分届かなくなり意識障害が起こり、昏睡状態となってしまいます。

低血糖の対処方法対について

低血糖は、空腹時に激しい運動をしたり、鎮痛剤や解熱剤を飲んだときや、飲酒をしたとき、下痢をしたときなどに起こりやすくなります。もし、低血糖を起こしたらブドウ糖を摂りましょう。ブドウ糖以外なら糖分を含むジュースや、砂糖入りの缶コーヒーなどでも効果が得られます。
自動車の運転などをおこなう場合は、あらかじめ何かを食べたり、すぐに食べられる飲食物を用意しておくことをおすすめします。

※糖尿病を予防する飲み物に関する詳しい解説は『糖尿病を予防する飲み物』をご覧ください。

糖尿病の初期に現れる低血糖の主な症状は「お腹がすく」「冷や汗が出る」「震えが現れる」「ドキドキする」などです。自分なりの低血糖のサインを知っておくと、素早く対処することができます。また、糖尿病の経口薬やインスリン療法をおこなっている場合は、自己判断で止めるのではなく、必ず医師の指示を得るようにしましょう。