2016/07/14

57,685 view

食事の時にやたらと喉が渇いたら危険!糖尿病の初期症状

成人の4人に1人が糖尿病、もしくは糖尿病予備軍と言われていますが、その後の治療をスムーズに進めるためにも少しでも早く自覚症状に気付くことが大切です。初期症状の中でも比較的気付きやすいのが、食事の時の喉の渇きです。

シェア

ツイート

糖尿病になるとなぜ喉が渇くの?

運動したり汗をかいたり、食事のとき辛いものを食べると誰でも喉が渇きますが、糖尿病になると普通の状態でも喉が渇きます。口の中が粘っこく感じられ、水分をとっても潤った感じがなく、のどが乾いた状態が続きます。これは血液中にブドウ糖が多くなるためです。糖尿病になるとブドウ糖を吸収しきれなくなり、吸収しきれないブドウ糖を排出するために体が大量の水を欲します。水を飲んでもブドウ糖の血中濃度は下がらず、濃度を下げるために脳が水を飲むよう指令を送るので、のどの渇きがなかなか治まりません。

喉が渇いたら我慢は禁物です

喉が乾いたらこまめに水を飲むようにしましょう。ただしスポーツドリンクなどは糖分を含むのでさらに血糖値を上げ、余計に喉が渇く原因となってしまいます。糖尿病の人が飲んでも良い飲み物は、水、ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶、麦茶、紅茶、コーヒー(砂糖やミルクを入れないもの)などです。

血管を鍛えましょう

糖尿病は、血液中のブドウ糖の量が多い状態が慢性的に続く病気ですが、糖尿病は血管の病気とも言われています。高血糖が続くと、たんぱく質や脂質が酸化されて血管壁が傷ついてしまいます。

血管を鍛えるには、激しい無酸素運動よりも軽い有酸素運動が効果的です。手足をブラブラと振るだけでも末梢神経が刺激され、糖尿病の初期症状の手足のしびれや体のだるさなどが改善され、喉の渇きや多尿症状なども徐々に治まってきます。血管を鍛えるのに最も効果があるのは、足の筋肉を動かす運動です。足は第二の心臓と言われますが、いつでもどこでも行える「その場足踏み」がおすすめです。イスなどに長く腰かけていると、足が腫れたりむくんだりしますが、これは血行が悪くなっている証拠です。気がついたら2分でも3分でもその場で足踏みをすると血管が強くなります。

糖尿病の自覚症状は「た・ち・つ・て・と」だと言います。「た」は体重が減る、「ち」は近頃喉が渇く、「つ」は疲れやすい、「て」は手足がしびれる、「と」はトイレが近いことです。た、ち、つ、て、とのうちひとつでも思いあたれば、糖尿病を疑ってみましょう。また、糖尿病の予防と改善には日常生活の中に簡単な運動を取り入れることも大切です。