2016/09/14

13,842 view

糖尿病患者に起こりやすい易感染状態の原因と注意点

糖尿病は、合併症を引き起こしやすい病気です。合併症の一つとして、感染症があります。感染症にかかりやすい状態を易感染状態といいますが、なぜ糖尿病患者は易感染状態になりやすいのでしょうか。今回は糖尿病患者が陥る易感染状態の原因と、注意点について解説します。

シェア

ツイート

易感染状態にある糖尿病

免疫力が低下し、感染しやすい状態が易感染状態です。日本人の 糖尿病 患者の死因第3位が、感染症によるものです。足の感染症が最も多く、膀胱炎、腎盂炎、皮膚炎、歯肉炎などにかかりやすいと言われています。かかった場合は重症化しやすいという特徴があり、回復に時間を要します。感染症にかかると糖尿病自体に悪影響を及ぼすため、注意が必要です。

なぜ易感染状態になりやすいのか?

なぜ糖尿病の人は易感染状態になりやすいのでしょうか。その主な理由は、以下の通りです。

(1)高血糖の状態が続く

炭水化物を食べると、腸で消化・吸収され、ブドウ糖となります。ブドウ糖は、身体の細胞に取りこまれ、人間が活動するためのエネルギー源となります。その時必要になるのが、インスリンです。
しかし、インスリンの分泌が不足すると、細胞内にブドウ糖を取り込めなくなります。すると、取り込まれないブドウ糖が血液中に増えます。この状態のことを、血糖値が高くなる「 高血糖 」といいます。

一方で、細胞内のブドウ糖が不足するため筋肉のタンパク質が分解され、ブドウ糖が作られます。
このように、細胞内に入れないブドウ糖はが血管内にあふれているのに新たに作り出すため、より一層高血糖の状態が続きます。

(2)白血球の機能の低下

高血糖 の状態が続くと、白血球の機能が低下します。特に、白血球の中でも異物を食べる(貪食)好中球の働きが低下します。そのため、何からの感染源が身体に入ってきても好中球が貪食しなくなり、抵抗力が低下します。その結果、感染しやすい状態になります。
また、タンパク質を分解するために筋肉がやせてしまいます。筋肉がやせてしまうと、体重が減ったり体力が落ちたり、疲れやすくなります。
好中球の働きが悪くなると共に体力が落ちてしまうため、抵抗力が低下して感染しやすい状態になります。

(3)血液のめぐりが悪くなる

ブドウ糖の働きが悪くなるので、その代わりに脂肪をエネルギーの代わりに利用します。そのため、中性脂肪を分解して脂肪酸が増加する高脂血症や、血管がもろくなる動脈硬化になります。
このように血管がもろくなると、血液のめぐりも悪くなります(血流障害)。血液のめぐりが悪くなると細胞の隅々まで酸素や栄養が行き渡らなくなり、組織がもろくなります。その結果、身体の回復が遅くなります。

(4)神経障害

高血糖 が続くと、神経の細胞にあるブドウ糖が影響して細胞の機能が悪くなります。また、細かい血管の壁が厚くなることで血液の流れが悪くなり、酸素が不足します。その結果、神経が感じにくくなります。例えば、足などをぶつけても感じにくくなる知覚神経障害や自律神経の乱れが起こる自律神経障害が起こります。

(5)血糖値の上昇

細菌に感染すると、インスリンを効きにくくする物質が増えます。これにより血糖値が上昇し、感染症をさらに進行させます。

シックデイになった場合は早めに受診を

糖尿病患者が感染症や怪我、胃腸障害などの病気にかかり、発熱、嘔吐、下痢などの症状をきたすことを「シックデイ」といいます。シックデイになると、ストレスを受けた身体に対して血糖値を上げるホルモンが増えます。その結果、高血糖になることが多いです。

一方で、発熱や食欲不振、嘔吐、下痢などによって脱水を起こしやすくなります。脱水を起こすと腎臓からの排泄する機能が低下するため、低血糖を起こす可能性もあります。 シックデイになった場合は、自己判断せずにすぐにかかりつけの病院を受診しましょう。