2019/10/09

73 view

エス・エム・エスら、第一生命保険加入者の個別サポートを検証

当サイトを運営する、株式会社エス・エム・エス(東京都港区)は、第一生命保険株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社おいしい健康と、2型糖尿病により入院給付金を第一生命より支払った保険加入者に向けた「生活習慣改善個別サポート」のサービス実現性・実用性を検証する共同実証を9月17日より開始しました。

シェア

ツイート

「生活習慣改善個別サポート」サービスの実現性・実用性を検証

参加者に対し、「管理栄養士によるリモートチャット指導」、「糖尿病患者向け食事レシピ」、「糖尿病性腎症悪化予測ツール」の3つが検証されます。

「管理栄養士によるリモートチャット指導」では、スマートフォンを活用し参加者が日々の食事画像と体重を入力。管理栄養士が食事・体重・活動量を元に、週に一度チャットでアドバイスをします。指導内容は、糖尿病専門医が監修しています。「糖尿病患者向け食事レシピ」は、管理栄養士監修のレシピが検索できる献立作成サービス。

「糖尿病性腎症悪化予測ツール」は、藤田医科大学と日本IBM、第一生命による共同研究にて構築した糖尿病性腎症の悪化予測モデルを活用するもので、過去半年間に実施された3回分の血液検査結果等12項目より、類似する血液情報の方が180日以内に腎症のステージが1から2以上になる統計的リスクを予測し、結果を直接被保険者に通知します。

参加対象者は、第一生命の保険契約にて2型糖尿病により入院給付金を支払い、かつ所定の条件を満たした希望者。金額は無料で、サービス期間は一人当たり90日間。2019年9月~2020年7月の予定となっています。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

エス・エム・エス、第一生命、他2社による共同実証開始2型糖尿病の保険加入者に対するICTによる個別サポート提供へ

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事