2019/08/27

231 view

味の素、大阪府四條畷市と住民検診解析に関する共同研究契約を締結

味の素株式会社(東京都中央区)は8月5日、大阪府四條畷市と「39(サンキュー)検診」モデル事業に採用された「アミノインデックス® リスクスクリーニング(AIRS®)」の受診案内による住民健診受診率変化の定量解析に関する共同研究契約を締結しました。

シェア

ツイート

市民の糖尿病リスクを早期発見し早期改善に繋げる

AIRS®は、7種のがんを対象に「現在がんである可能性」と「4年以内に糖尿病を発症するリスク」、「10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク」を評価できるスクリーニング検査。

四條畷市では、2019年度に39歳の誕生日を迎えられる市民(先着240人)向けに「アミノインデックス® リスクスクリーニング(AIRS®)」を、通常23,000円のところ13,000円と割安な費用で受けられるサービスを行っています。期間は2019年5月7日〜2020年2月29日。

1回の採血で三大疾病リスクを評価

共同研究契約では、「39検診」の受診者(約250人)の検診状況などの追跡調査を行い、AIRS®による翌年の住民健診受診率の変化について解析することで、受診者の健康リテラシーを高め、健康診断の継続受診および生活習慣の見直しにつながる施策の実現への活用を目指します。

同社は血液中のアミノ酸濃度バランスの変化を解析・指標化し、健康状態や疾病リスクを明らかにする「アミノインデックス技術」を用いて1回の採血で三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)などの発症リスクの評価を可能にする「アミノインデックス®リスクスクリーニング(AIRS®)」を事業化し、全国の人間ドックを中心に約1,460施設(2019年5月末現在)で採用されています。

(画像は四條畷市のチラシより)

外部リンク

味の素、大阪府四條畷市と住民検診解析に関する共同研究契約を締結
四條畷市、アミノインデックス®リスクスクリーニング検査 「39歳(サンキュー)検診」のご案内

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事