2019/05/24

180 view

吉野家とライザップの初コラボ、「ライザップ牛サラダ」

RIZAP株式会社(東京都新宿区)は、株式会社吉野家(東京都中央区)とコラボレーションを実施し、両社が共同開発した新メニュー「ライザップ牛サラダ」が全国の吉野家店舗(一部店舗除く)で発売されました。価格は500円(税込540円)で、テイクアウトも可能です。

シェア

ツイート

吉野家の牛丼の具をご飯でなくサラダと共に楽しむ

「ライザップ牛サラダ」は、吉野家の牛丼の具をご飯でなくサラダと共に楽しむ新感覚メニュー。吉野家の牛丼の具をご飯以外の食材と共に提供するのは史上初です。「ライザップ牛サラダ」は注文されてから、丼にたっぷりのサラダと牛丼同様、肉鍋から熱々の肉と玉ねぎ、うまさの染みわたったたれをおたまで盛り付け、半熟温玉子をトッピングし、個包装の和風醤油ドレッシングと共に提供されます。

サラダはスチームした鶏もも肉と茹でたブロッコリー、ミックスビーンズ、キャベツとレタスの生野菜サラダ、半熟温玉子の合計6種類の食材で構成しています。一食で、推奨される1日の野菜量の3分の1を摂取することができます。ボリュームは1食300g、栄養成分はエネルギー430kcal、たんぱく質30.0g、脂質27.0g、糖質12.2g、食塩相当量2.0gです。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

吉野家×ライザップの初コラボレーション 両社共同開発による革新的メニュー『ライザップ牛サラダ』吉野家店舗にて5月9日より販売開始

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事