2019/03/12

456 view

ローソン、緩やかな糖質制限の弁当や調理麺合計6品を発売

株式会社ローソン(東京都品川区)は、3月12日より順次、全国のローソン(ローソンストア100を除く)で、一般社団法人 食・楽・健康協会が推奨する『緩やかな糖質制限「ロカボ」(※)』の考え方を取り入れ、一般的な弁当・調理麺と比較して糖質量が半分以下の弁当や調理麺合計6品を発売します。
(※): 1日の糖質量を70~130g(1食20g~40g、間食10g)とする「緩やかな糖質制限食」のこと

シェア

ツイート

1食あたりの糖質量40g未満の主食

今回発売する商品では、糖質量を一般的な弁当・調理麺の半分以下にしています。「1食分の野菜(350g以上)が摂れる「しば漬けとオクラのネバネバご飯(野菜入りご飯)」では、ご飯にマンナンや刻んだ野菜を混ぜることで、糖質量は27.0g(1食あたり)。「1/2日分の野菜が摂れる ちゃんぽん」では、麺に難消化性澱粉を配合することで、糖質量は33.9g(1食あたり)となっています。

商品開発にあたっては次の11テーマが設定されています。
① 野菜を食べよう
② 糖質コントロール
③ たんぱく質を摂ろう
④ 塩分控えめ
⑤ うれしい低カロリー
⑥ 素材のおいしさを食べよう
⑦ 食物繊維・乳酸菌を摂ろう
⑧ オメガ3・9系の脂肪酸を豊富に含むもの等を摂ろう
⑨ 添加物削減とアレルギー対策
⑩ 機能性成分を摂ろう
⑪ ペットの健康な食事

商品例

具体的に開発された商品は上記の他、次のようなものがあります。※1日分の野菜とは、厚生労働省「健康日本21」より、1日あたりの摂取量の目標350g以上を指します。

「1食分の野菜(※3)が摂れる しば漬けとオクラのネバネバご飯(野菜入りご飯)」(税込498円)
糖質量:27.0g(1食あたり)
鶏そぼろ・筍・人参・大根・マンナン・こんにゃくを混ぜ込んだご飯に、しば漬け・オクラ・とろろ・納豆をあわせて食べる1食分の野菜が摂れる弁当。

「1食分の野菜が摂れる 中華あんかけ炒飯」(税込530円)
糖質量:39.6g(1食あたり)
鶏そぼろ・筍・人参・大根・マンナン・こんにゃくを混ぜ込んだご飯に、しば漬け・オクラ・とろろ・納豆をあわせて食べる1食分の野菜が摂れる弁当。

「1食分の野菜(※3)が摂れる パリパリ麺の皿うどん」(税込498円)
糖質量:31.6g(1食あたり)
難消化性澱粉配合のパリパリ食感の揚げ麺に、豚骨、鶏ガラの濃厚な旨みを加えた塩味のあんをあわせて食べる1食分の野菜が摂れる皿うどん。※北海道、九州、沖縄県での発売はありません。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

より美味しく“ロカボ”な弁当・調理麺を発売

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事