2019/01/11

426 view

南房総ウェルネス食生活プロジェクト

一般社団法人南房総健康ラボ(千葉県南房総市)は、南房総市と足並みをそろえ「南房総セラピー」を展開する中で、ヘルスツーリズムを推進しています。地域が健康であることが、健康意識の高い来訪者も呼び込むことができると捉え、カロリー、塩分量、PFCバランスなど健康づくりのために効果的な食に関するヘルスメニューの開発を進めています。

シェア

ツイート

来訪者や地域住民を栄養面から健康にするヘルシーメニュー

南房総ならではの健康食が提供できるようにメニュー開発を進め、現在は南房総市内10店舗でヘルシーメニューを提供しています。今後も協力飲食店を増やし、来訪者や地域住民が、ヘルシーメニューを体験できる地域づくりを目指していくとしています。文頭写真の食事は、南房総白浜季粋の宿「蚊屋」の朝食メニュー。このボリュームでカロリーはわずか452kcalです。

飲食店に来店した市民や観光客が「健康への気づき」メニューが提供できるしくみを構築していき、市民・観光客の健康増進に一体的に取り組むことで、「市民の健康増進」「医療費削減」「観光振興・雇用創出」を図ることが目的です。

南房総らしさを大切に、旅行の楽しみに健康をプラス

この取り組みは、「南房総ウェルネス食生活プロジェクト」の一環として行われており、健康メニュー開発の基本的な考え方は次のようになっています。

・地産地消の食材を活用したもの、郷土料理・伝統料理を活用するなど「南房総ならでは」の物語のあるもの。
・彩や料理の種類の多さで、見た目のボリューム感はあるものの、実際には低カロリー。そんな健康への気づきを与えることのできるメニュー。
・朝、昼、夕の3食で、1,800kcal、塩分量8~9グラム、野菜350gを目標とする。したがって、1食当たりは600kcal、塩分量2~3g内、野菜120g程度で、PFCバランスの良いメニューを開発。
・出汁や麹を活用するなどの工夫で塩分量の少ない料理を開発。
・ご膳、お弁当、プレートタイプなど提供の仕方は自由

旅行での食事は大きな楽しみ。カロリーや塩分、糖質など制限食の方でも気兼ねなく楽しめるヘルシーメニューは、南房総の新たな魅力となることでしょう。ヘルシーメニューは事前予約制となり、受付は一般社団法人健康ラボで行っています。直接店舗では予約できませんのでご注意ください。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

このメニューがなんと500kcal以下!?南房総ウェルネス食生活プロジェクトとは?

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事