2018/07/10

494 view

人気ラーメン店どうとんぼり神座、低糖質ヘルシーラーメン発売

大阪の有名ラーメン店 どうとんぼり神座が「おいしいラーメン 半玉(白菜増量)」(麺を半玉にして、白菜を150gから180gに増量)を販売します。2017年に発売を開始した人気メニュー「こんにゃくラーメン」に続く、ヘルシー路線の“低糖質ヘルシーラーメン”。低糖質でも本物の麺が食べたい人のための新商品です。価格は店舗により650円〜。

シェア

ツイート

麺は半分、自慢の国産白菜を増量

糖質制限、低糖質はいまやすっかり社会のトレンド。外食産業でも低糖質メニューを発売する店が増えています。「どうとんぼり神座」では、2017年にこんにゃく麺を使用した『こんにゃくラーメン』を発売し、隠れた人気メニューになっていました。

この流れを受け、本物でヘルシーを実現したのが、「おいしいラーメン 半玉(白菜増量)」です。看板商品の「おいしいラーメン」の麺を半玉にし、使用する国産白菜を150gから180gに増量することで、ボリューム感アップ、食べ応え十分です。一部店舗でテスト販売が好調となり、販売店舗数を拡大することとなりました。

同店は1986年に創業し、現在では東京・関西を中心に47店舗を展開しています。看板メニューの「おいしいラーメン」は味噌でも豚骨でもない、唯一無二の味。最初に食べたときは、未体験の味に違和感を感じますが、3回続けて食べるともうやめられないといわれます。毎日でも食べられるあっさり味で、老若男女に愛される大阪を代表するラーメンです。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

どうとんぼり神座、麺は半玉、白菜20%増量でカロリーダウンしながら歯ごたえと満足感をアップさせた“低糖質ヘルシーラーメン”が6月21日より発売。 ※一部テスト販売好調を受け拡大

このカテゴリの新着記事

このカテゴリの人気記事