2017/11/10

158 view

「世界糖尿病デー」楽しく健康を考えるイベントを開催

日本糖尿病協会は、世界糖尿病デー実行委員会・クルソグ実行委員会と共催で、11月14日に楽しみながら糖尿病予防と健康の大切さを考えるイベントを開催します。

シェア

ツイート

もうすぐ世界糖尿病デー

11月14日は世界糖尿病デーです。毎年、世界糖尿病デーに合わせて世界中のランドマークが青く照らされるブルーライトアップを実施し、糖尿病抑制に向けて予防啓発活動を行っています。

他にも、世界糖尿病デーに繋がる様々なイベントを展開しています。その1つとして、「World Diabetes Day 11.14 ~明日を変えるために今動こう、皇居スロージョギングでブルーサークルを繋ごう~」が開催されます。

スロージョギングイベント概要

同イベントは、糖尿病デーの周知および、糖尿病の予防啓発。日々からだを少しでも動かすことの大切さを一般人に伝えることを目的としています。開催日時は、11月14日19時~21時頃(受付開始18時30分)、会場は、新丸ビル地下1階になります。

糖尿病のミニレクチャーを受けた後に、ライトアップされた東京駅を見ながら、人気の皇居ランを楽しみます。走る時には、何か青いもの(ウェアでもブレスレットでもタオルでもOK)を身に付けて走って欲しいとのことです。

スローランニングとは

スローランニングは、ゆっくり歩くくらいの速さで走るランニングです。スローランニングはゆっくり走ることで疲れを感じることなく長く走り続けることができます。

外部リンク

公益社団法人日本糖尿協会プレスリリース

公益社団法人日本糖尿協会