2017/10/06

317 view

KenCoM(ケンコム)、Welbyマイカルテと連動開始

各種ヘルスケア事業を営むDeSCヘルスケア株式会社は、同社の運営する健康レコメンデーションサービス「KenCoM(ケンコム)」と糖尿病患者や高血圧者向け個人医療記録サービス「Welbyマイカルテ」との連携を開始したと10月2日発表しました。

シェア

ツイート

KenCoMが一層便利に

株式会社ウェルビーが提供する個人医療記録サービス「Welbyマイカルテ」との連携により、歩数・体重だけでなく血圧・血糖値のバイタルデータを活用できるようになったのは、健康増進支援サービスの「KenCoM(ケンコム)」。

現在約70の健康保険組合、約140万人にサービスを提供している健康管理サービスです。

ウェアラブルデバイスなどのデータも

今回の連携で、KenCoMを利用する人がWelbyマイカルテに記録されている血糖値や血圧などのデータを利用できるようになります。

また近年普及しつつあるFitbitなどのウェアラブルデバイスやオムロン・テルモなどの一部血圧計ともWelbyマイカルテを通し自動連携できるようになります。

Welbyマイカルテを通じさまざまなデータが利用可能に

スマホ上のアプリでは、歩数・体重・血圧・血糖値データを週単位のグラフ形式で閲覧可能に。さらに血糖値データや血圧データの各詳細画面では、日・週・月単位のグラフ形式での閲覧も可能となります。

DeSCヘルスケアは、これらの連携により、簡単に自分自身のライフログをKenCoMで一元管理可能になった、生活習慣の振り返りや健康管理ツールとして飛躍を遂げることができましたと語り、今後は健診機関でも受診者に利用できるようにサービス展開したいと伝えています。

外部リンク

DeSCヘルスケア株式会社のプレスリリース

DeSCヘルスケア株式会社

株式会社ウェルビー