2017/09/13

95 view

第53回糖尿病週間「高齢化する社会のなかで糖尿病に立ち向かう」を開催

東京都糖尿病協会は、第53回糖尿病週間「高齢化する社会のなかで糖尿病に立ち向かう」を開催します。参加費は無料、誰でも参加することができます。

シェア

ツイート

開催概要について

開催日時は、2017年11月11日13時~17時、会場は、よみうりホール(東京都千代田区)、申し込み不要、参加費は無料です。

第53回糖尿病週間では、基調講演として東京都健康長寿医療センター 内科統括部長による「認知症やフレイル(虚弱)を防ぐための糖尿病の療養方法」、国立がん研究センター中央病院 糖尿病腫瘍科 科長から「そこが知りたい!糖尿病とがんの危険な関係を断ち切るコツ」の2人からの講演が予定されています。

パネルディスカッションで更に深める

講演の他にもパネルディスカッションを3題が行われます。その後、各演者およびパネリストが集まり総合討論を行う予定です。

全国各地で啓発活動を実施

全国糖尿病週間(2017年11月13日~19日)の今年のテーマは、「重症化予防」です。同週間中は、糖尿病に関する知識と理解を深め、予防、早期発見と治療促進を進めるために全国各地で一般向けの講演会や健康相談など啓発活動が行われています。

外部リンク

「高齢化する社会のなかで糖尿病に立ち向かう」

東京都糖尿病協会