2017/08/07

148 view

かくれ栄養失調に注意。セミナー開催レポートを公開

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(以下、生活クラブ)は、8月1日から7日までの栄養週間に合わせ「かくれ栄養失調予防セミナー」を8月2日開催、そのレポートを公開しました。

シェア

ツイート

しっかり食べているようでも実は栄養失調

生活クラブが運営するクッキングスタジオBELLEで8月2日開催したのは、「かくれ栄養失調予防セミナー」。

3食しっかりと食べ、必要なカロリーは摂取できているのに必要な栄養素が足りない状態に陥る新型栄養失調、いわゆるかくれ栄養失調の対策を目的に行われました。

セミナーでは、かくれ栄養失調がどのように起こるかを解説。またかくれ栄養失調対策レシピの実演や、食品添加物がいかに身近な存在かを知る体験も実施されました。

食べ物半分、食べ方半分の意識が大切

かくれ栄養失調の解説では、ある50代男性の1日の献立を紹介。バランスが良く健康にも気を遣っているように見える献立の栄養素をグラフ化。すると意外にもガタガタであったということが明らかに。

人間の体にとって重要な三大栄養素であるたんぱく質・脂質・糖質は、実はビタミン・ミネラルなどの微量栄養素を同時に摂らないと効率的に機能できないと生活クラブは話します。

栄養素のある食材を食べるのも大事ですが、ただ食べるだけでなく食べ方の組み合わせも大切な要素。それこそが生活クラブが提唱してきた「食べ物半分、食べ方半分」という理念につながるとしています。

生活クラブは、今後も活動を通じて、生命力にあふれた健康な食生活をサポートしたいと伝えています。

外部リンク

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会のプレスリリース(PR TIMES)

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会