認知症相談室

認知症の母のこれからの介護と私自身について

anemoneさん
2019-08-29 12:31:46

かかりつけの病院の認知症特定看護師さんからこちらのサイトを教えて頂き拝見しております。
見当違いの質問でしたら申し訳ありません。
現在、実母が認知症に罹患しており初期~中期の診断を受けております。記憶障害は重いですが、また、衣服の脱ぎ着やお風呂、トイレは問題なく自分でできます。もちろん、健康な頃のようには洗髪などはできませんが。当初、アルツハイマー型認知症の診断を受け投薬(メマリー等)始めましたが認知症の症状の他ふらつき、めまい等がひどくなり主治医に相談してもよい解決策が得られず現在違う病院へ転院し、薬の処方等検討したところ、めまい等は減ってきているようです。ただ、認知症の症状は緩やかに確実に進行しており、普段、母と生活をしている父に重い負担がかかってきている状況になっております。
私は実家から車で10分程の距離に住んでいるのでできるだけ昼間実家にくるようにしておりますが、私自身リウマチに罹患しており朝起きた状況によっては手のこわばりと痛みがひどく、母の介護まで手がまわらない状況です。実家には、棟別で弟夫婦が住んでおり、時折、弟のお嫁さんが夕飯など持って来てくれたり父の外出の際の運転手をしてくれたりしておりますが、弟自身は母の病状について無関心です。妹も一人おり、やはり、車で20分程の距離に住んでおり、また、妹はケアマネジャーをしている、いわゆる、介護問題の専門家です。ですが、母の介護については、妹自身が担当してますが、特に母の様子を見に来たりそばに付き添う等まったくせず、日ごろ、介護問題に接していることが理由なのか、母の認知症介護については休みに会いに来ることもしません。妹は自分自身の生活の軸を変えるのが嫌な性格です。そんな中で父の鬱憤だけがたまり、また、元来気が弱いのにそれを悟られないよう、外で虚勢をはることが多かったせいか自分の鬱憤をぶつけやすい人にだけぶつけることをします。それが私です。
父は弟や妹には何も言えない人で(たぶん、強く言い返し、また父に世話になるようなことを極力さけるようにしているからかと思います)私にだけは思いのままぶつけます。私は、私自身の夫婦の関係でも悩みがあり、その為6年ほど前から向精神薬と睡眠薬を服用しております。
夫婦関係の悩みとは夫がまったく家族の生活に無関心の上他人事であり、子供達が大きくなるにつれ大きく教育費がかかってくるようになった時でさえもなんの相談もできず、どうしようと訊けばどうしようと返ってくる人なので、どうしても当時健康だった両親に相談をし、金銭面での援助も、特に母にかなりしてもらいました。父はそのことで、「長女(私)には金銭援助をしているから何を言っても言い返せないだろう」という考えがあることで、私に感情や愚痴をぶつけてきます。当然、私が、母の介護について「こうした方がいいのではないか」など話しても聞く耳持たずです。ただ、弟夫婦も自宅の固定資産税や水道光熱費は父が払っておりますが、そのことには父は「それはいいんだ」で終わりです。こんな状況下の為、父がストレスをため、そのストレスを私にぶつけ、最後には有料でいいから母を施設に入所させると言っております。認知症の介護はまだ、ドアを開けたばかりの状態だと思います。父は母をとても根気強く介護しているつもりでおりますが、介護についてまだまだ勉強をし、やれることはたくさんあると思うのです。
母は、父の実父の認知症介護を寝たきりになるぎりぎりまで介護し、母自身の祖母の介護もし、看取ってきた人です。それを、母自身が認知症になったからと、まるで不用品を捨てるかのような言い方で施設に入所させるといいます。ケアマネジャーである妹にも、父自身の気持ちがいっぱいいっぱいになると電話し、施設入所について具体的に進めてくれと繰り返しますが、妹は軽く聞き流すだけです。まずは、デイサービスを週三回、利用するところから始めるため、今日の午後、デイの担当者の方が来てくださることになっております。でも、父は頑として、同席を拒みます。昨日、母が手の震えや幻視の兆候があるのでレビー小体型認知症の検査の為病院へ出向いたのですが、付き添いの父とお嫁さんが、母をどこかに排除しようとしていると思い込んだらしく、母が着替えを拒み大変だったようです。私は自身の病院があった為同行できませんでした。父は、物事がわからなくなっている母でも感情はダイレクトに伝わってしまうということが理解できないようです。笑顔で接していますが、父のイライラが母に伝わるのでしょう。「私、何か悪いことした?」と母が父に訊くと、さらっと流せばいいのにまともに答えようとします。記憶障害が進んでいる母に「昨日だって俺は付き添っただろう」と怒りながら言い、「それなら俺は出てく」と母に言います。
母は睡眠薬を服用してますが夜中に起き出してしまうそうです。家から出られないように工夫をし(まだ、徘徊等はありません)危ないものを隠しそのまま放っておいてもいいのではないかと思いますが、父は神経が休まらないようで、母の寝返りひとつでも起きてしまうそうです。父的にもう、精神的にも体力的にも限界のようです。
認知症の家族の方々は、皆さん、どんな風にご家族と連携したりしているのでしょうか?無関心の弟妹は、その姿勢ならば仕方がないとあきらめるしかないのでしょうか?父の希望通り、施設に入所させるのが一番いいのでしょうか?
私自身、仕事もあり生活に余裕もなく、その上リウマチ治療中なので、母を引き取ることができません。引き取れるならば私が家に連れて行き、できうる限り看てあげたち気持ちです。
お嫁さんは頼めばいろいろと動いてくれます。
無関心の人達はそれはそれとして、その中で母の介護をしていくしかないのでしょうか?長文、申し訳ありません。私自身、夜が眠れなくなっております。

回答する

回答・コメント

  • 2019-08-29 16:40:40
  • こんにちは。しろこ。と申します。
    私は介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士を取得し、精神科病院で約5年間にわたって相談員をしておりました。

    ご家族皆さまとても大変な状況にあるのですね。

    お父様もご自分のことに加えてお母様の介護という状況にとても疲れてある様子ですね。溜まっている鬱憤を話しやすいanemoneさんにぶつけることがお父様にとってのストレス発散になっているところはあるのかもしれませんが、anemoneさんの立場からするときついですよね。

    お父様のストレスや疲労やお母様の状況を考えると、介護保険の通所や入所サービスを利用してお互いの距離を取ることが、お互いのために良いと思います。お父様もお母様への関わり方がわからなかったり、認知症への理解がいまいちであったり、やはり1番は、日頃のストレスがお母様に対して心に余裕を持って穏やかに対応できない理由であると思います。

    今回デイサービスを導入されるようですので、お父様やお母様の状況を見て、ショートステイもたまに導入するなどしてお父様が休める時間を設けることも良いと思います。

    お母様の今後ですが、anemoneさんはお身体の状況や家庭の状況でお母様をご自宅に引き受けることは難しいということですが、妹様、弟様宅はどうですか?ご相談して引き受けることが可能でしたら、お願いしてみることが良いと思います。ですが、もちろんどのご家庭にも色々なご都合があると思いますので、妹様や弟様も引き受けることが難しいということであれば、「週末や仕事が休みのときにお母様の介護に自宅に来てもらえるか」ということをご相談し、それでも難しいとおっしゃられた場合は、お父様も心身ともにいつまでお母様のお世話ができるかわからないところもあると思うので、施設入所を前向きにご検討された方が良いのではないかと思いました。そしてもちろんこういった今後のお母様の過ごす場所や過ごし方をご検討される場合は、お母様のお気持ちを伺いながら、受け入れたり説得しながら進めていってください。

    また、現在在宅サービス導入されようとしているところなので、デイサービスやショートステイ、その他訪問サービスなど、色々な在宅サービスを組み合わせてお父様のご負担を減らすことができれば、施設入所はまだ先で考えても良いのかなとも思いますが、そこは在宅サービス導入されたあとのお父様とお母様のご様子によると思います。

    現在担当のケアマネージャーが妹様ということですが、妹様と話し合われた上で可能であれば、ケアマネージャーをご家族ではなく第3者の方になっていただくということも良いかもしれません。色々なサービスを導入するときのご家族への説明や、困っていることに対するアドバイスなど、第3者の専門職の方に行ってもらうことで、お父様の聞き入れ具合や理解の具合も違うかもしれませんし、お父様は妹様にはあまり自分の思いをお話できない状況があるようなので、第3者の方であれば、お父様の相談相手としても力になってくださるのではないかと思います。

    また、施設入所の件ですが、施設入所させたからといってお母様を見離したとかそういったお話ではなく、あくまでのご本人様のため、ご家族のための選択肢の1つです。今後施設入所されても、今までご自宅に足を運んでいたように施設に面会に行ったり、余裕があるときには外出外泊に連れて行くなどして関わることは十分可能ですので、皆さまにとって良いと思われる選択肢を、お母様をはじめご家族様や専門職の方を交えてご検討いただけたらと思います。

    anemoneさん自身もなかなか休まる暇がないとは思いますが、お身体ご自愛くださいね。

    長くなりましたが、少しでもご参考にしていただけたらと思います。

  • しろこ。さん コメントする
  • 2019-08-30 15:24:35
  • anemoneさん

    初めまして高齢者や障害者の介助を13年ケアマネジャー歴7年で祖母の介護を手伝ったプリンと申します。

    これまでのお話を読ませて頂きました。
    anemoneさんが現在大変な状況となっておられるとの事ですね。



    『私は、私自身の夫婦の関係でも悩みがあり、その為6年ほど前から向精神薬と睡眠薬を服用しております。

    私に感情や愚痴をぶつけてきます。当然、私が、母の介護について「こうした方がいいのではないか」など話しても聞く耳持たずです。
    私自身、夜が眠れなくなっております』との事ですね。

    anemoneさんが色々と考えて提案しても、聞く耳持たずとは、何とも苦しいお話ではないでしょうか?

    本当に辛い状況ですね。


    頭が下がります。

    『妹はケアマネジャーをしている、いわゆる、介護問題の専門家です。ですが、母の介護については、妹自身が担当してますが、特に母の様子を見に来たりそばに付き添う等まったくせず、日ごろ、介護問題に接していることが理由なのか、母の認知症介護については休みに会いに来ることもしません』との事ですね。

    妹さんがお母様の介護についてのキーパーソンさんと言う事でしょうか。
    それとも、ケアプランの自己作成として、妹さんがケアプランを考えておられるのでしょうか。

    しかしanemoneさんの状況は辛いのは変わりないようですね。

    『ケアマネジャーである妹にも、父自身の気持ちがいっぱいいっぱいになると電話し、施設入所について具体的に進めてくれと繰り返しますが、妹は軽く聞き流すだけです。まずは、デイサービスを週三回、利用するところから始めるため』との事ですね。

    妹さんには色々と良い考えや、段階があるようにも感じます。
    しかし、都度お父様から、の訴えをanemoneさんが、聞いて受け止めて
    いる状況はanemoneさんのお体に障りますので。

    出来る事ならば、anemoneさんが全部とは言いませんが、何か理由を考えて少し距離を置いて
    心身を休められる様にして頂きたいと思います。

    施設入所の件については、私がいつか入所となった時を考えますと、今は良い有料施設が沢山有りますので自分で選んで入所できると嬉しいなと思いますよ。


    anemoneさんのお役に立てれば幸いです。

  • プリンさん コメントする
  • 2019-08-30 16:13:52
  • > しろこ。さん、プリンさん、さっそくのご回答ありがとうございます。お心のこもったお二人のご回答、心強く思いました。
    現状、キーパーソンは私になっております。キーパーソンという役割も母の介護が始まって初めて知ったような私なのです。
    妹は、母の認知症罹患がわかった時、母の最期までのこれからが、仕事上はっきりとわかるのでしょう。一晩泣いて、思いをふっきったと話しておりました。私や父の困惑やストレスなども、たぶん、今まで担当してきた様々なご家族様達ほとんどの方が体験なされてきたことなのだろうと思います。私の勝手な推測ですが、妹は「慣れて」いるのだろうなと思っています。
    実は先ほど、しろこ。さんへのお返事を書いているとき、どこかキーを押してしまったらしく入力していた内容が消えてしまい、再度、入力しようとしたら、プリンさんのご回答を拝見致しました。
    しろこ。さん、プリンさん、お二人への一緒のお返事となってしまったこと、失礼かと思ったのですが、一緒にお返事をさせて頂きました。
    申し訳ありません。
    昨日、デイサービスの管理者の方がいらっしゃって、週明けの月曜日から週三回、利用すること決まりました。母への名目は「デイサービスでボランティアを探しているので、お手伝いしてもらえないか?」ということでした。朝は弟のお嫁さんがデイに送って行くことになり、帰りはデイの車で送ってもらいます。お嫁さんも、みんなで協力していきましょうと言ってくれ、妹も、休みの日には顔を出すようにすると話してくれました。ただ、お嫁さんも妹も誰もいなくなると、やはり、父のイライラをぶつける先は私ですが(苦笑)
    育児も家事も家計のやりくりも全て母任せ、祖父の介護も全て母でやってきた父にとっては、現段階、初期~中期の認知症の母の相手だけでも、大変なストレスなのでしょう。元来、せっかちな性格の父であり、父自身、脊柱間狭窄症の足の痛みや痺れがひどく、それも父のストレスの原因になっているようです。仕事人間だった父が現役を降りてきていることも、父の焦燥感のような感情につながっているのでしょう。
    父の怒り任せの母への暴言(母には聞こえないようにですが)を聞くたび、私もため息でした。
    でも、しろこ。さん、プリンさんのご回答を読ませていただき、「あ、なるほど」とか思わず、うんうん、と首を上下にふってしまったりしてしまいました(笑)そっかそっか~って(笑)
    施設入所してからも毎日、実家へ行くように会いにいくこともできるし、外泊などもできるのですよね。今の段階でも、時折、母は私のことを娘と認識できないことがあります。やがて、まったく娘だとわからなくなっていくのでしょう。それでも、私は母のそばにいたいなと考えております。来週から少し、事態が動き始めます。どのようになっていくのかはまだわかりませんが、できることをできるだけ、やっていこうと思います。私の体のことも、労って下さり、本当にありがとうございます。デイサービスからの緊急連絡先はお嫁さんの携帯電話になっております。お嫁さんも、いろいろと動いてくれるようです。
    お二人のご回答を読ませて頂き、本当に気持ちが軽くなりました。
    悩み疲れた時、また、こちらにご相談させて頂くかと思います。
    本当にありがとうございました。

  • anemoneさん コメントする
  • 2019-08-30 16:50:54
  • anemoneさん

    高齢者や障害者の介助を13年ケアマネジャー歴7年で祖母の介護を手伝ったプリンと申します。


    お返事有難うございます


    『お嫁さんも、みんなで協力していきましょうと言ってくれ、妹も、休みの日には顔を出すようにすると話してくれました。ただ、お嫁さんも妹も誰もいなくなると、やはり、父のイライラをぶつける先は私ですが(苦笑)』との事ですね。

    その後のお話を聞かせて頂きまして、何とか良い方向に行かれており
    安心致しました。

    『勝手な推測ですが、妹は「慣れて」いるのだろうなと思っています』との事ですね。

    心強い妹さんがいて本当に安心ですね。


    何もなければ、一番嬉しい事ですが、有ればいつでも、こちらに気軽にいらして下さいませ。

  • プリンさん コメントする
  • 2019-08-30 21:41:17
  • > anemoneさん

    返信ありがとうございます。

    お嫁様に加えて、妹様のご協力も得られるようになったようで、私も安心しております。『妹は、母の認知症罹患がわかった時、母の最期までのこれからが、仕事上はっきりとわかるのでしょう。一晩泣いて、思いをふっきったと話しておりました。』とありましたが、妹様もたくさん考え悩まれたのですね。ケアマネージャーとしてたくさんのケースに関わってきていても、いざ自分の身内がとなると、混乱したり辛い気持ちになったり向き合うことが怖くなったりすることはありますので、誰か1人が抱えるのではなく、身内の方や専門職の方とみんなで分担し協力し合うことが大切です。

    『育児も家事も家計のやりくりも全て母任せ、祖父の介護も全て母でやってきた父にとっては、~』とありましたが、自分たちの親や祖父母世代はそういった役割で夫婦や家族として過ごしてこられた方々が時代的に多いと思います。そんな中でお父様もお年を召して身体にも不調を感じるようになってから、突然これまでやったことのなかった役割が一気に自分に降りかかってきたとなれば、お父様の不安やストレスも大きいものだと思います。

    お父様も感情的にならず不安に感じていることやストレスに感じていることをanemoneさんや他に誰か話せる方に話せたら良いのですが、溜まっている鬱憤の多さだったり、もしくはお父様の性格的に難しいのかもしれませんね。

    すぐには難しくても、後に在宅にしても入所にしても実質的な「介護」の部分はできるだけ専門スタッフにお任せし、ご家族は、お母様とお話したり出掛けたりテレビを見たりお菓子を食べたりなど、お母様が楽しいと思えたり、生活の張り合いとなるような関わりを持つ役割となれたら理想ですよね。

    在宅サービス導入され、anemoneさんをはじめ、お父様の心身の負担が少しでも軽減されるようお祈りしております。

  • しろこ。さん コメントする