認知症相談室

母をネガティブな世界から救いたい

ガロさん
2019-05-12 22:05:10

夫婦で旅行が趣味だった母は75歳の時に行った海外旅行で同じツアー客に携帯を持っていないことをバカにされ、それがきっかけかわかりませんが、帰国後落ち込むようになり鬱病と診断されました。入院しましたが悪化→転院をきっかけに歩行ができなくなり介助が必要な状態となりました。その後も転院を繰り返し、大きな病院でレビー小体病・パーキンソン病と診断され、鬱病の薬からパーキンソン病の薬に移行したところ、ようやく身体的な病状の悪化が止まったように見えました。その後リハビリ病院に入院し、そこでパーキンソン病の投薬がなくなり、ただの老人性うつとの診断に至りました。
今となっては、なぜ歩けなくなり、介助が必要な状態になったかは鬱病の薬の副作用が原因としか考えられません。
ひとりで歩けず、要介護状態のまま退院、10ヶ月ぶりに自宅に戻ってきました。現在は父が自宅で介護しています。
発症してから今までうつ状態が良くなったことは一度もありません。
常にネガティブな発言しかせず、問いかけには全否定、笑顔を見せることも全くありません。
物忘れなどのいわゆる認知機能に衰えは見られないのですが、思い込みやこだわりが激しく、介護をする者に対してのダメ出しや暴言ばかりで、父が参ってしまうのではないかと心配です。特定される病名もない今、リハビリをするようすすめても、筋肉がまったくなくなっており椎間板ヘルニアもある状態で体を動かす気は全くないようで、一日中寝たきり状態です。
この先このままネガティブ一辺倒のまま、母の人生が終わってしまうのかと思うとやりきれません。なんとか母に少しでもポジティブな気持ちを取り戻してもらう方法はないでしょうか?

回答する

回答・コメント

  • 2019-05-13 10:28:21
  • ガロさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。
    お母様のご病状、そしてお父様の介護のご負担、心配ですね。
    そして、ガロさんのお母様・お父様への優しさを強く感じました。
    お母様は朗らかな方だったのでしょうか。
    今まで入退院を繰り返し、治療方法が変更されているのもお母様やご家族にとっては非常に負担が大きかったと思われます。

    『リハビリをするようすすめても、筋肉がまったくなくなっており椎間板ヘルニアもある状態で体を動かす気は全くないようで、一日中寝たきり状態です。』とのことですが、訪問リハビリテーションを利用して、理学療法士に来てもらいリハビリテーションを受けるのはいかがでしょうか。
    理学療法士は、お母様の状態を観察しながらリハビリの計画を進めてくれます。
    また、家族からリハビリを勧めるのと、第三者から勧めるのとでは、お母様の対応が異なる場合もあるかもしれません。

    そして、『介護をする者に対してのダメ出しや暴言ばかりで、父が参ってしまうのではないかと心配です。』とのことですが、介護ヘルパーを利用してはいかがでしょうか。
    介護ヘルパーが来ている間は、お父様の介護のご負担を減らすことができますし、お父様が外出したり、ご自分の好きなことに時間を使うことができます。

    介護は家族だけで行う必要はありません。
    あらゆる社会資源を最大限活用して、家族の負担を最小限にしましょう。
    お母様の相性もあると思います。
    1回サービスを試してから契約をする事業所もありますので、まずは体験してみてはいかがでしょうか。
    ケアマネジャーに相談してみましょう。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする