認知症相談室

できない料理

ごはんさん
2019-05-06 19:36:17

認知症の診断から3年、76歳の母。
できない料理をしないと気が済まないようで対応に困っています。
炊飯器が使えないので米を鍋で茹でる。
トースターが使えないのでコンロに網で焼く。
全ての鍋が真っ黒焦げな状態です。
父は肺炎で入院、退院後がんが発覚。
栄養を取らせようと同居の義姉が食事を用意しましたが気に入らず食べずに捨てる。
別居の娘の私がお弁当にして持って行っても、全て鍋にぶち込んで謎の物体になるようです。

肉じゃがたくさん作ったけど食べた?
と父にきいたら、食べてないと。
本当に?と思ったら今日、牛丼と麻婆豆腐と八宝菜が鍋で煮込まれていました。
正直、時間とお金の無駄です。

私たちは一体どう対処すればいいのでしょう?
温めて食べるだけにしたものが、食えたものじゃない物体になり父が心配です。
父も言っても通じないから仕方なく食べると言いながら、ふりかけご飯を食べてるようです。

回答する

回答・コメント

  • 2019-05-07 11:05:26
  • ごはんさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    お母様にとって、今まで日々調理をしてきたご経験がとても大切なことなのでしょうね。
    一方で、お父様ご自身の体調や、お母様の介護をされてご負担も大きいと思います。

    家事ヘルパーに来てもらい、調理の様子を見守りしてもらうのが良いかと思われます。
    しかし、お母様がヘルパーに来てもらうのを快く思わなかったり、ヘルパーが来ない時間に調理をする場合があるかもしれませんね。
    ケアマネジャーからヘルパーの導入を話してもらうという方法もあるかと思います。
    家族から説明するのと、第三者から説明するのでは受け入れ方が違う場合もあります。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2019-05-09 01:45:26
  • > ナツコさん
    ありがとうございます。
    認知症だから普通ではないと理解してはいますが、お弁当を解体しておかしな物体( 説明できない)にする心理が分からないです。
    前はおかずをタッパーに入れてましたが、それもぐちゃぐちゃになるので、お弁当にしたのですがそれも同じ事に。
    どうしたらすんなり食べてもらえるのか?
    もう、どうしたらいいのか分かりません。

  • ごはんさん コメントする
  • 2019-05-11 11:12:50
  • ごはんさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    お母様は長年ご家族の為にお食事を作ってこられたのだろうと思います。
    ですから、お母様にとってお料理は「自分の役割」であると認識されていることと思います。

    認知症の方に限った事ではありませんが、自分の役割があること、安心して過ごせる自分の場所があること、というのは生活をしていく上でとても大切なことです。

    とはいえ、どの鍋も真っ黒焦げということは、火事の恐れも出てきますので心配ですね。

    お母様の理解力がどれくらいなのかわかりませんが、お弁当を解体して調理につかってしまう、というのは、もしかしたら「お弁当がどういうものなのか」理解出来ていない可能性もあると思います。

    食材と認識してしまうために、調理してしまうのかもしれませんね。

    例えばお弁当を作った日は「お弁当作ったから、一緒に食べよう」と声かけをして、ごはんさんも一緒に食べてみてはいかがでしょうか。
    時間が無ければ、お弁当箱に「お弁当です。このまま食べてね」等のお手紙やメモを添えてみてはいかがでしょう。

    義姉様が調理をするときは、大変でしょうがお母様と一緒に調理をされると、お母様の役割も維持出来るのではないでしょうか。
    回答者のナツコさんも仰るように、ヘルパーの活用も良いと思います。

    認知症のある方から役割を取り上げてしまうのは、認知症進行の心配が出てきますので、役割が安全に行うことが出来るような工夫や協力が必要になると思います。

    また、どうしてもその役割をやらせられない場合は、何か代わりになる活動(例えば過去におこなっていた趣味やサービスの利用等)を取り入れることも検討された方が良いと思います。

  • オカユさん コメントする